FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

責任能力と飲酒運転

責任能力を争う云々という裁判の報道を見ると,疑問に思うことがあります。

何か事件を起こしても責任能力がないということで,有罪にならない場合があります。賛否両論あると思いますが,とにかく,責任能力がなければ罪を問えないのが日本の法律のようです。この前提に立つと,以下のような場合にはどうなるのか疑問なのです。

飲酒運転で事故を起こしたとします。当然,重い罪に問われます。法律上の量刑だけでなく,社会的に抹殺されるのが今の日本社会でしょう。しかし,車を運転する予定も必然性も全くない状態で酒を飲んだとします。体調でも悪かったのか,激しく酔って記憶を無くすくらいの泥酔状態になってしまいました。そしたらなぜか夢遊病者みたいにふらふらと歩き出し,歩くだけならよかったのですがなぜか車を運転してしまいます。その結果,事故。この場合って,実際上は証明ができないのでただの飲酒運転ですが,原理的には責任能力がない状態に陥り,その後,車を運転するということもありえます。飲酒運転したことは事実ですから道路交通法は有罪ですが,責任能力がない状態での事故,それに付随した人的物的ダメージに対して責任を問えるのでしょうか。

もちろん,先にも書いた通り,車を運転するつもりがなかったことを証明することできないでしょうし,裁判は論理だけじゃなくて慣例みたいなもの,あるいは世間の空気で有罪か無罪か,あるいは量刑が決まりますから,私が書いた例はきっと有罪になると思います。が,私が疑問なのは,責任能力の有無で罪かどうか決まるのならば,原理的には上記の無茶な例も無罪になってしまうのではないか,という点です。

酔っぱらうことを目的として(?)酒を飲んだ=心神喪失状態になることを目的として飲んだ,場合には,すでにその段階でアウトかもしれませんから,それで車を運転して事故れば完全にアウトでしょう。けど,くどいようですが,ぐでんぐでんになることを予見できないような飲み方で,かつ,車を運転する予定が全くないという状況で,体調でも悪かったのか完全に酔っぱらってしまって…という状況で,その状況を証明できたとしたらどうなるのか,というのが疑問です。

また,少し違った例だと,小さな子供が殺傷事件を起こしちゃった場合とかって,罪の行方ってどうなるんだろうって疑問に思ったりもします。

いや,責任能力云々を言い始めると,落ちてきた隕石に当たるような危険(=怒りを向ける先がない事故)がそこかしこにあって,毎日が油断ならないなと思ってしまうのでした。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<反α | HOME | 電話勧誘>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |