FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

御侍史

世の中には自分の知らないことが多くてたびたび驚きますが、昨日もそういう驚きに出逢うチャンスがありました。

タイトルの「御侍史」という言葉。私は昨日まで全く知りませんでした。同様の言葉に「御机下」という言葉もあるのだそうです。ウィキペディアをそのまま引用すると

###引用開始###
医師への手紙では「先生」の後に「御侍史(おんじし)」や「御机下(おんきか)」をつけ「○○先生御侍史(御机下)」とすることが多い。
###引用終わり###

なんだそうです。その意味を詳しく知りたい方はさらにググってもらうとして、まあ敬称なわけですが、「先生」だけでは足りなくて、さらにそんな物凄い言葉をつけるとは…。研究者、学者の世界も浮世離れしてるところが多々ありますが、医療業界もかなりのものですね。ただ、ググっていてひっかっかった説明には、医師自身もそんな言葉を使われるのに当惑しているケースもあるということで、感覚が麻痺しているわけではなくて、とある業界の特殊なしきたりということなのかもしれません。

それにしても、そんな言葉が存在し、いや、日本語に自信があるわけではないので存在するだけなら驚きませんが、そんな言葉がごく当たり前に使われている世界・社会があるということに本当に驚きました。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<反復練習 | HOME | 新学期>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |