FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

学会発表の内部審査

年度代わりの週末のせいか、今週末は静か(=メールが少ない)です。私もゆっくり休もうと思っていたのですが、例の放射線講習会での講演の準備と、幻の学会発表の内部審査に追われています。

ATLASのルールでは、学生以外はATLASオフィシャルの結果しか各国での学会でも見せることはできません。が、学生の場合は、国ごとのATLASチームリーダーがお墨付きを与えれば、オフィシャルでない結果を見せてもよいということになっています。

ATLAS日本グループには、そのお墨付きを与えられるリーダーというのが2人いるのですが、その2人が学会ごとに講演者の発表内容をチェックするのは大変だし、現実的に無理なので、3人の内部審査員を設け、その3人がレフリーとして発表内容をチェックするということになりました。

その3人の中の1人が私なのですが、ご存知のように春の物理学会は中止になったので、この役目は今回はなしかと思っていました。ところが、学会が、学会のウェブサイトにスライドを登録したことをもって講演が成立したこととする、というお触れを出したので、口頭発表はないのにスライドだけは公開しなければならないということになりました。ということは、解析結果を外部に公表することになるので、やはり審査は必要。

というわけで、口頭発表なしのスライドだけを眺めて内容に問題がチェックする、という不思議な作業を行っています。。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<講演とりあえず終了 | HOME | 悩みまくり>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |