FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

今度は卒業研究発表練習

修論発表が終わったのがつい最近だと思っていましたが、すでに2週間前なのですね。CERNに行ったり、解析コーディネーションに時間をとられていたら、もう、4年生の卒業研究発表会が間近に迫っています。明後日が発表会、というわけで、今日第1回の練習会をしました。

ただし、第1回と書きましたが、1回目にして発表の構成やスライドの作り方はかなり纏まっており、解析内容をアップデートしたり、マイナーチェンジはありますが、発表としてだいたい形になっており、第2回目があるかどうか微妙なところです。学部生にしては非常によく纏まっていました。

あとは、解析の追い込み。統計量が少ないのはいかんともしがたいのですが、解析で落としているイベントも結構あるので、イベントセレクションのチューニングでもう少しイベントを救えないか、色んな人からのアドバイスをもとにもう少し頑張ってみる価値はありそうです。

それにしても、Iくんも言ってましたが、私たちの研究室の4年生は、毎年、そこら辺に落ちている物を使い検出器を自分たちで作るところから実験を行うのですが、最後にはなんとか実験としての形ができあがります。予算ほぼゼロ、ある物だけを使って実験するという究極の制約の中で検出器を作り上げるというのは、とても良い訓練・経験であり、かつ、最後になんとか体裁を整えられるバイタリティは見事です。去年もそうでしたが、今年の4年生も大きく頼もしく成長しています。

大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<LHCの近況とか予定とか宣伝とか | HOME | お墨付きを与えるミーティング>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |