FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

移動日

今日は日本へ帰る移動日。昼過ぎにCERNを経って、家に辿り着くのは日本時間の日曜の夜。毎回のことですが移動日は一日が長いです。

今回の出張はいつになく忙しく、1週間が本当にあっという間でした。実際に解析をやっている学生さんたちが頑張っているからなのですが、とりあえず、グループ内の締め切りにそれなりのクオリティの結果を出せる見込みが立ち、ちょっとだけほっとしています。

しかし、安堵感に浸る暇もなく、私の目の前には処理しなければならない書類書きが課題として積み上がっています。と言っても前々から積み上がっていたわけではなく、2日前に大学から連絡があり、来週半ばには締め切りというタイトなスケジュールでの書類書きです。しかも割とヘビーな内容なので、ちょっと気合いを入れて書かなければなりません。

それともう一つの気がかりは、学部4年生の卒業研究。ようやくミューオンの寿命を測定できて、ミューオンっぽいものを捕まえることに成功。あとは、磁石を使ってプラスとマイナスの電荷を分けるという段階に到達しています。が、アクセプタンスが大きくないのでそれなりの時間データ収集を行う必要があり、来週の卒業研究発表会に備えて、もう少し多くのデータを集める必要があります。上手く分けられるといいのですが、どうなることか。楽しみ半分、心配半分といった心持ちです。

大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<お墨付きを与えるミーティング | HOME | 物理結果公表への道のり>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |