ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

流動性

この時期、大学の研究室は修論、あるいは卒論に向けて1年で一番活気のある時期かもしれません。私たちの大学、というか、理学部、というか、物理学科では、修論の締め切りが約2週間後、修論の発表会まで3週間。卒業研究の発表まで5週間ちょっと。ということで、直近の締め切りが修士課程の学生たちに迫っています。

私が指導する修士課程の学生は今年は2人。そのうちの1人から、途中までながら、第1稿を昨日もらい、今日添削。私にとっては、やっと、山を登り始めたという感覚です。もう1人は、修論ネタとなる検出器の測定を今まだKEKで行っています。シリコン検出器の基礎研究で苦労していたのですが、最近になってようやく修論に載せられるようなデータが取れ、今は測定のやり残しがないようにチェックしつつ、色々な測定を行っています。

これからしばらくは、修論(と卒業研究)に振り回される日々が続きますが、それが終わると今度は学生の入れ替わり。ということで、研究室の新陳代謝がここしばらくは活発です。

てなことから無理矢理話を持っていくのですが、大学に在籍する学生の流動性は、当たり前ながら確保されていますが、教員側の流動性もかけ声だけでなく、なんらかの強制力を持ってあげられないないものですかね。内向き指向(を取り上げること)が最近の流行ですが、流動性の無さというのも、日本の問題な気がします。大学教員を名指ししましたが、終身雇用制度に守られている一般企業にも同じような問題はないのですかね。あまり具体的な毒は吐きませんが、出身大学以外の研究機関を経験せずに、ずーっと同じ大学に在籍するというのは、かなり異様に感じます。さらに、学位取得後ずーっと同じ研究機関にいる人も日本には結構いるのではないかと思います。自分が腰を落として一箇所にいられないから言ってるという説がありますが、なーんとなく、それでいいのかなぁと感じてしまいます。

で、そうなっているのは、個人の安定志向というのもあるのでしょうが、それを許す、いえ、むしろ後押しするシステムになっているのではないかというのが今日言いたいことです。たとえば、ポストは限られてるわけですから、私たちの世界で流動性を上げようとしたら、国内だけでなく海外の研究機関を就職先の候補にしなければなりません。実際に海外の研究機関を2つ渡り歩いた実体験から、愚痴っているという噂もありますが、最終的に日本国内を居住地とした場合、色々な不利益があります。

まずわかりやすいのが退職金。ずっと国内にいた人に比べたら大差をつけられてしまいます。海外で働いていた期間、そっちから何か貰えればいいですが、そういうことはありませんから。同じようなのが年金。これもかなり損です。油断していると貰い損ねてしまいます。私の場合ギリギリセーフなのですが、貰えない場合は払った分くらい返して欲しいものです。お金の面以外でも細々とした手続きが面倒です。たとえば自動車の運転免許証。海外にいて更新できなかった場合も、結局は、新しい運転免許を発行しなければなりません。いちいち免許センターに行かなければなりませんし、ゴールドみたいな特典も得られません。唯一初心者と違うのは、初心者マークの免除だけです。

先にも書いた通り、ほぼ愚痴なのですが、ここまで日本国内定住者と差を付けなくてもいいだろう、と思わざるをえません。学生だって同じです。留学しろだの、海外に目を向けろと旗を振る前に、文科省ではせめて教員の給料体系でも変えてはどうでしょうか。ある程度の年数までは勤続年数に応じて退職金増えますが、その後は下げるとか。そしたら旗なんて降らなくても、もっと流動性上がるのではないかと思うのですが…はい、自分の都合のいい案を書いてみました。ははは。

大学 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<そば屋の出前のような | HOME | 温度計>>

この記事のコメント

工学系でない限り、名刺にも書かせてもらえないのは悲しいです。難易度は同等で、むしろ物理学科のほうが進学は難しかったのに。気が強くて小柄な女性だからなのか、学歴があっても却って反感を持たれ、憎まれるだけのようです。・・・私は詐欺理論を批判したために、35歳の現在も大卒後平均年収は同僚の半額、240万円程度なのに。「勤続年数による優遇」や、多くの企業であるらしい「副業の禁止」も、海外にも一度も行かせてもらえずほぼ無給(学費を払うと赤字)だった私には一種の差別、あるいは不正競争に思えます。

「指定研究職に就けば返還不要」と謳う育英会の第1種奨学金やTAに修士1年のときから採用されましたが、学位取得時には任期付でない公募が一件もなくて、学力というより指導教授などの推薦状が必須でした。柳田勉指導教授の「シーソー機構」と異なり、規格化条件からニュートリノの小質量を導いてしまった私は、五百万円の借金を背負う羽目になりました。「国立大学法人による無限連鎖講、詐欺」の被害者を犠牲にして、高校の学費も、現在無償化されているわけです。私の世代では全額払わされたのに。

なぜ、詐欺のような理論や、他人に有害と知りつつ煙草を吸う人であっても、お金をもらって「稼いでいた」人のほうが、科学的事実に忠実であろうとした、公益のために、自費で研究成果を公開して、付き合っていた人にもふられ、2千万円を失った私よりも偉いのでしょう?もちろん、年収24万円の非常勤国家公務員に2、3回しか採用されなかったので、その期間(29歳まで)の共済年金などありません。雇用保険にも入れてもらえませんでした。

昔から、学業成績なら、模試などを受ければ(遅刻しない限り)必ず成績優秀者欄に載るほどで、適性があると思うから進学したのに。私に、理不尽な容姿の悪口を言ったり、まったく実験で見つかっていない「超対称性」理論で研究職に採用された人の方が、順調に結婚して子を産み、税金でも優遇されるのはおかしいです。大変な苦労をして得た学位を生かして稼ぐことを、逆に「不公平」と言いふらされるようでは、被害は永久に回復しないでしょう。

学歴について触れた途端に、大声で「天下りばかり」とか、よく判らない悪口を言い出したり、「能力がないと思うから研究はさせない」「特許は組織の負担になるから書くな」「発表はするな。他人の仕事を奪うな」と言うような男性は実際にいます。・・・自分は組織のお金で海外に行かせてもらっておきながら。私は今まで1回も研究職に採用されたことがありません。他人の学問的能力を証拠もないのに貶め、「能力を生かして稼ぐ」基本的人権を奪って、自分だけ得しているのはどっち?偉そうに理不尽な悪口を言うのは、既婚男性が多いです。

今日もアカハラやパワハラの経験を思い出してしまい、深夜3時過ぎまで眠れませんでした。心無い差別をする人にはこの苦しみが想像できないのでしょう。なぜ、「LHC実験で超対称性粒子など見つからないだろう」と、2002年から今なお正しい予言をしていた私だけ、こんな目に遭わなければならないのでしょうか?

今も多額の税金を使う素粒子物理学研究における不正を公益通報中ですが、年収は2年連続で下がりました。
2011-01-20 Thu 00:30 | URL | nisimiyu(西川美幸) [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |