FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

社会的制裁の基準

日々の生活で、というか、新聞記事等マスコミの報道を見てよく感じるのですが、社会的制裁の基準というのが私には理解不能です。前にも書いたことありますが、今の日本で犯罪や違法行為に対する制裁の中で一番ダメージが大きいのは、社会的制裁だと思うんですね。たとえば、一部上場されているような企業で働いている人や公務員が、罰金刑で済むような軽犯罪で逮捕されたとします。起訴されたか、有罪判決がくだされたか、とは関係なく、一旦逮捕されてしまったら、軽犯罪だったとしてもその人の人生終わりです。

違法行為の善悪はポイントではありません。悪いに決まっています。ただ、その法律上の量刑とは別に、社会的な量刑の大きさというのが、法律上の量刑とは線形関係になっていると思えませんし、一番納得がいかないのは、社会的な量刑の相対的な大きさというのが、その人の職種にあまりに大きく依存していることです。極論、無職の人には社会的量刑なんて関係ありませんし、むしろ、犯罪や違法行為を行うことがその人のキャリアにとってプラスになる場合すらあります。

あと、少しポイントはずれますが、日本の警察というのは逮捕し過ぎではないんですかね。逃亡の恐れのない人でもすぐに逮捕しちゃいますし、よくわかってませんが、別件逮捕とかされてる人多くないのでしょうか。有罪か無罪かとは関係なく、時間を莫大に浪費され、精神的ダメージを与えられ、そして、矛盾だらけの社会的制裁の始まりが有罪判決ではなく逮捕であるという日本の現状からして、国家権力の乱用をして欲しくないなぁ、と常々感じてたりします。

さて、というわけで、あまりに不公平な社会的制裁に憤っている毎日(嘘です、そんなにしょっちゅう憤っているほど流石に暇ではありません)ですが、憤っているだけでは面白くないので、どういう違法行為に対して、あるいは、どういう職種の人に対して世間は厳しく振る舞うかを勝手に考えてみます。

まず、誰もが思い浮かべるかもしれませんが、痴漢。これは厳しいですね。有罪だろうが無罪だろうが、誰かに疑われた時点でほぼ終わり。日々の地雷です。次に思いつくのは飲酒運転。酒飲んでなくても酔っぱらい運転以下のスキルしか持たない人が山ほどいることは無視して、これまた厳しいですね。逆にそれに比べて、社会が許していると私が感じるのは、違法駐車。なんでここまで無茶な止め方をしてるんだろう、とよく感じます。身近なところで、それに関連して飲酒運転以外の交通ルールはほぼ無視、というのが日本社会の暗黙のルールなのかもしれません。あとは暴行、傷害関係。人間のプライドや尊厳を傷つることは問題なくても、手を出すと大きな問題になりますよね。暴行罪なんて茶番です。怪我してなくても犯罪。だとしたら、電車に乗る時に降りる人に体当たりしてダッシュで乗ってくる人々は全員捕まえて欲しいものです。

ではどういう職種の人がやばいかというと、それはもう真っ先に公務員です。マスコミに狙われていますから危険です。先にも書いたように一部上場企業の人もヤバいです。それから男女で比べると女性は、暴行傷害関係でかなり得をしているように感じてしまいますが、真相はわかりません。男が人を殴った的な事件はよく報道されますが、女性が人を殴ったという事件はあまり報道されません。もちろん、そういう案件の母数が全く違うことはあるのでしょうが、女性に殴られて訴える人が少ないのではないかというような勝手な想像もあったりします。

と、うだうだ書いてみるとわかるのは、当然のごとく、マスコミに狙われているかどうかで決まります。報道された件数/犯罪数を考えたとき、痴漢等の性犯罪ってその比率が無茶苦茶高くないですか。いかにも3面記事的な、ワイドショーネタのような下品な報道の比率が多いと感じるのは私だけなのでしょうか。実際に多いか少ないかは別として、勝手な勘ぐりなのですが、ネタとして多く取り上げられる犯罪というのは、記事にしている人が羨ましいと感じてることなのではないか、なんて思ったりしてしまいます。痴漢、セクハラ、そんなに記事にしたいのか、お前らがしたいのか、なんていう無茶な感想を持ってしまうんですね。普段、鬱積してるものがあって誰かを殴りたいのか、なんていう風にも勘ぐってしまいます。

おっと、段々無茶苦茶になってきましたが、結局、私なりの結論は、社会的制裁の大きさはマスコミによって決められる。が、その基準が理解不能だし、不平等極まりないと感じるし、なんでそういう基準なのか、マスコミの人に訊いてみたい、ということでした。

日常 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<研究室に人が溢れる | HOME | 小さな実験>>

この記事のコメント

私は報道を吟味する際には人を批判する記事をその人の判断材料にしない事にしています。田中眞紀子が、汚れてなくて何もしない政治家が良いんですかとコメントしているの聞いて笑っちゃいましたが、多くの人々が傷つけられるような事しないんだったら私は少々汚れていても立派な事をしてくれる政治家の方が何も出来ない政治家より応援したいです。
2011-01-13 Thu 16:02 | URL | [ 編集]
> 少々汚れていても立派な事をしてくれる政治家の方が何も出来ない政治家より応援したいです。

政策で勝負しろと言っているマスコミが、政局ネタばかり報道しているのは
茶番もいいところですね。
2011-01-13 Thu 22:12 | URL | ExtraDimension [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |