FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

今年度の4年生実験

今年度も研究室に所属する4年生の卒業研究は一応私が担当なのですが、今年度は学生がスロースターターなのか、私のムチが足りないからなのか(?)、最近になってようやく学生が本格的に動き始めました。

去年は検出器そのものはすでにあるモノを利用したので、その準備にはあまり時間がかからなかったのですが、故障していて変な信号をバスに流していたADCのせいでCAMACのクレートコントローラが故障など、謎の故障続きで大いに苦労しました。今年はそういうトラブルには見舞われていないのですが、検出器を学生自身が作ることになり、今はその検出器作りのための下準備中。シンチにファイバーを通して読み出すというよくある検出器を複数個作り、それによって宇宙線の粒子の飛跡を測定。磁場と組み合わせて宇宙線中のミューオンの電荷分布を測ろうとしています。

読み出しチャンネルを大量に準備できるのなら、シンチファイバーを使ってファイバートラッカー的なものを作るのが一番てっとり早いのですが、学部4年生の卒業研究なので、そこまで大量の読み出しチャンネルを準備することができません。そこで、その辺にあるものを利用し、位置分解能が悪くなってもいいのでなんとか必要なチャンネル数を満たすべく、シンチ+ファイバー読み出しでなんとかならないかと頑張っています。

シンチファイバーを諦めるとなると次のオプションは普通ならガス検出器なのでしょうが、なにしろ指導する私がガス検出器を好きではなくほとんど経験がないため、ガス検出器は却下。モノがあるならシリコンというのもあり得るオプションなのですが、今の私たちの研究室には4年生実験で使えるようなシリコン検出器が潤沢にないので、残念ながらそのオプションも却下。というわけで、半自動的に光を使うシンチ系の検出器となりました。

こうして考えると、研究室で行う学生実験というのは、その研究室のヒストリーによって大きく左右されます。私たちの研究室、というかY教授はDAQとシンチ系の検出器を大学に来てからずっとやっているので、そのての実験機材はそれなりにあるのですが、ガスやシリコンはあまりありません。シリコンは私が始めていますが、まだ始めたばかりということで、器材はあまり充実していません。これが、何年か後には学部生の卒業研究でシリコンを使うというオプションもありになってるんでしょうかね。いや、そうなっていないと困りますね。

大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<解析の主導権争い | HOME | 今年最後のLHCの運転とか>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |