FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

物性でしたね

ノーベル物理学賞発表されましたね。物性でした。歴代受賞者を眺めて、今年は物性か宇宙だろうと思っていましたが、物性でした。自分の専門分野ではないのでグラフェンがどれくらい有力候補で、どれくらい順当なのかはわかりませんが、素人的には、最近の流行を反映してグラフェンが来ても不思議ではないのかな、という印象です。

ところで、歴代受賞者を改めて眺めてみると、感じるところが幾つかあります。

まず、第2次世界大戦前は物理といえばその時代の素粒子物理学だったのに(大昔は原子=素粒子、その後は原子核=素粒子、そしてクォーク=素粒子と素粒子が何であるかの理解が変わってきてる)、大戦後になると、急速に物性が発達した様子がわかります。素粒子よりも多体系の物性のほうが研究の対象が爆発的に増えますから、まあ、それは仕方ないことなのですが、素粒子物理をやってる人間としては少し寂しいかな、と。単なる感情論ですが、はい。

そして、受賞者の国籍が興味深いですね。あまりに当たり前なのですが、その時代の先進国、世界を牛耳ってる国をおもいっきり反映しています。純粋に業績だけはなない部分もあるのでしょうが、政治的な強さも含めて、受賞者数は国力を反映してるなぁ、と再認識します。ノーベル賞を受賞するような人材を輩出できるからこそ国が富むのか、国が富んでるからノーベル賞受賞者を多数輩出できるのか、どちらが正しい因果関係なのかわかりませんが、日本からの受賞者が増えると嬉しいことは間違いありません。

というわけで、来年以降の物理学賞受賞者予想ですが、来年は宇宙関連が順番からして有力でしょうか。ダークマター関連とかそろそろ来てもいいような気もするのですが、だとしたら誰が貰うんでしょうね。一方、素粒子関連ではいつが次なのかもわかりませんが、次貰うとしたら…候補者をすぐに思いつきません。誰かめぼしい人いますかね。自分の専門分野なのに有力候補をすぐに思いつかないというのはヤバいです…。日本人で無理矢理候補者を捻りだすとしたら、S機構長とか無理ですかね。ってなことを、去年も書いたような気がするのですが、新しい候補者が毎年現れることはないので、まあ許してください。

しかし、素粒子で有力候補誰かいますかね。

日常 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<KOTOの人々 | HOME | 大学での日常へ>>

この記事のコメント

素粒子物理学分野では、2002年に直接お話したこともある小柴昌俊先生が
ノーベル賞を受賞なさいました。この年に、東京大学で素粒子物理学のティーチング
アシスタントをしていたのは、私だけです。年収は24万円でした。

ところが、30年前から流行の「超対称性粒子」は、柳田勉指導教授も
「何かやっているように見せなくてはいけないじゃない」
と研究室の内輪では言うような詐欺的な理論で、ひとつも見つかっておりません。
しかしこの理論に入学当初から不賛成だった私は「白痴」といわれていちど退学させられ、
論文を長年無視されたのに対して、同じ大学院生でも超対称性理論の研究をする学生は、
後輩であっても私の10~20倍の給与の研究員に採用されていました。
ネット上に被害届も出しております。
当時未完成だった国際共同利用加速器、LHCは2007年稼動予定でしたが
2年遅れで、2009年にようやく実験開始しました。

私は、2004年頃から「もしLHC実験で超対称性が見つからなければ、7年間のアカハラで
失った、就職していれば稼げたはずの2千万円を弁償して欲しい」と主張しています。
このように多大な犠牲を払って物理的に正しいと思われる主張をしたのは私だけです。
LHC等の大型加速器実験には日本も数千億円の税金を払っていますから、私の殆ど
ボランティアで真実を訴えた行動には、その1%くらいの価値や公益性があったと思うのです。
学費だけで赤字なのに、専業主婦ならば払わなくて良い年金を、奨学金という借金で
払っていたことも申し添えます。

それなのに、「大学院生積極募集中」と見て応募した会社に就職後の今もなお、私の
年収は社内の同年齢平均よりも安くて、大卒後平均年収で言えば同僚の半額程度です。
後に入社したり、学位がなくて私より若い既婚男性のほうが先に昇格したため、
今も悔しくて仕事に集中できないほどです。選択必修の放射線実験中は収入もなく、
怖くて結婚などできませんでした。学内公聴会でアカハラを訴えたことをきっかけに
一方的に悪口を言われてふられたため、今も子ども手当てや住宅補助は受けていません。

なぜ、中学生時代から科学者を希望して努力して学び、素粒子物理学分野で2002年から
「超対称性粒子など見つからないだろう」
と今もって正しい予言をした私だけ、こんな目に遭わなければならないのでしょうか。
私は文部科学省に公益通報中ですから、不利益待遇をすることは違法行為です。

正しい科学的事実を主張する者が報われる世の中になりますように!

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |