FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

書類書き

CERN滞在終盤にきて、書類書きに追われています。一昨日(?)ちょっと書いた、外国人と区別研究員の申請書です。学振にとっては申請者はあくまで受け入れ研究者、つまり私で、他の学振の申請書同様、ごちゃごちゃと面倒な書類を作成しなければなりません。しかも、案の定、大学事務の締め切りはとっくに過ぎていて(1週間以上前)、交渉の結果、なんとか事務に受け取ってもらう(=学振の締め切りに間に合うように事務処理してくれる)ことになったのですが、スケジュールが無茶苦茶タイトです。

私が書く分も忙しいのですが、研究員になろうとしている側も研究計画を書かなければならず、その催促も大変です。学振に何かを申請したことがない人には、学振の応募要領に締め切りが9月3日とあれば、それに間に合えばいいと考えてしまいます。実際には2、3週間早く各研究機関の締め切りがあるということを明記して欲しいものです。って、募集要項には「上記の受付期間は所属機関長から本会に申請書類が提出される期限であり,申請者が所属機関長に申請書類を提出する期限は,それより前であることが予想されるので,注意してください。」という注意書きはあるのですが…まあ、知らない人には何のことだかわからない注意書きなんでしょうね。

なんてことを今さら言ってる場合ではありません。必要な書類を早く揃えねば…。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<帰国 | HOME | シャワーカーテン>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |