FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

コントロールルーム

実験を行うために研究者が詰めて、データ収集、検出器の操作などを行う部屋をコントロールルームと言います。私たちの今の実験だと、加速器には加速器用のコントロールルームが、検出器側にはそれぞれの実験グループのコントロールルームがあります。今日は私たちの実験のコントロールルームに見学のために学生を連れて行きました。どんなものなのかわかるように写真を貼付けておきます。写真は、この前のLHC start-up dayのときその他に撮られたもので、今日の写真ではありません。どんなに忙しくとも、どんなに重要な時でも、週末は休むのが欧米、いえ、ヨーロッパ人スタンダードなので、日曜のコントロールルームにはこんなに人いません。シフトの人、あるいは本当に頑張ってる人しかいません。

controlroom_1controlroom_2controlroom_1

それはさておき、学生にはコントロールルームを気に入ってもらえたようでよかったです。一人の学生によると、ゴジラに出てくる地球防衛軍(?)のようでカッコいいそうです。確かに見た目カッコよく作ってあり、それを研究所の展示にすべく、ガラス張りのコントロールルームの外側に、一般の人の見学用のスペースを今建設中です。
…私たち研究者が、動物園の動物になるわけですね。

明日帰国するので、しばらくブログ休みます。


研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<帰国 | HOME | 寒い>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |