FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

LHCの状況

昨日の夜から今朝、というか昼前までは、久々に陽子ビームの衝突が長時間あって、それなりのデータを収集することができました。とはいえ、昨日の夜から昼前までのデータ量が10nb^-1ちょっと、合計でも30nb^-1を越えたくらいです。ちなみにピークルミノシティは、昨日の夜は5x10^29に到達していたようです。10^30までもう少しです。

この1ヶ月くらいは、加速器サイドのstudyがほとんどで、安定したビーム衝突はほとんどありませんでした。少し前の計画では、加速器のstudyをしばらく(数週間)やった後、物理側のデータ収集をしばらくやるということになっていました。ルミノシティを上げるために加速器の人に時間を与えないとならないというのはわかるのですが、今年も半分終わろうとしているのに未だにまとまったデータ収集の時間を物理側に貰えていないというのは、若干ストレスがたまる状況です。これまでのstudyをもとに、あるときからまとまってガーッとデータを取れるようになることを期待しています。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ネタを思いつかないときの… | HOME | 高エネルギー委員会>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |