FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

Summer Student

最近は日本の研究所でもよくやるようになってきましたが、CERNではSummer Studentプログラムが非常に充実しています。午前中は講義を聞き、午後は各実験グループの担当スタッフに面倒をみてもらい実際に実験の手伝いをするというスタイルで、2ヶ月から3ヶ月近くCERNに滞在します。ずっと昔から続いているらしく、毎年大勢の若い学生が、大学院初年度くらいの学生でしょうか、CERNを訪れます。

今年もこのプログラムに参加する学生がCERNに集結し始めていて、今回のCERN滞在では若い人を多く見かけます。この期間、7月から8月にかけてはインフラもSummer Student優先で、宿舎やレンタル自転車が彼らのためにブロックで予約されていて、私たち一般人(?)は宿舎の予約などが大変だったりします。あと、レストランも物凄く混むようになります。

でも、若い学生のためのこういうプログラムを昔から充実させているのは、CERNやるなぁという感じです。このプログラムに参加する学生は世界中から集まり、しかもかなりの長期間なので、研究の最先端に触れるだけでなく、色んな国の同年代の友達を作るいいチャンスで、参加できた学生は非常に貴重な経験を積むことができるのではないでしょうか。実際、参加した学生からは非常にポジティブな感想を毎年聞いています。

CERNだけでなく、私が前いたフェルミ研究所というところでも、毎年大勢のSummer Studentsが来ていました。最近はKEKでもSummer Schoolを毎年開催して、これまた学生にはいい影響を与えているようです。KEKの夏の学校に参加して、高エネルギーをやろうと思った学生もいるようですし。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ミーティングとか | HOME | アウトリーチを振り返る>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |