FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

研究会終了

研究会は今日の午前中までで、無事終了。そこそこ盛り上がって楽しい研究会でした。特に、実データを触っての結果は、非常に少ない統計、かつ、検出器がチューニングされていない状況での結果ですから、もちろん物理のインパクトはありませんが、シミュレーションを使った解析よりも断然面白く、学生さん達、特に博士課程でD論を書こうとしている学生さん達は一刻も早くデータで遊んで欲しい、というのがみんなの共通見解でした。我々のグループのHくんは、いいスタートをきることができました。この調子でガンガン解析を進めて欲しいです。

それから今回の研究会での新しい取り組みは、理論屋さんを呼んで、我々実験屋が持っている素朴な質問に答えてもらおう、という企画でした。わたしたちの大学の素粒子理論のOさんとTさんに来ていただいて、色々と話を聞いたのですが、この企画が大ヒット。今回の研究会でも1、2を争う盛り上がりになりました。Oさんには昨晩の飲み会にも参加してもらって大盛り上がり。また次阪大でやるときは呼ぶことにします。

さて、この楽しい研究会ですが、本来なら次は名古屋の予定。しかし、名古屋のTくんが長期CERN出張(羨ましい)中なので、次回はCERNでやろうかというような話にもなってます。どこでやるにしても、実データを触った結果の議論が段々増えてくるので、面白いこと間違いないでしょう。大学の雑用と違って、こういう物理の議論は本当に楽しいです。毎日、こういう研究会でもいいくらいです。


研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<宣伝 | HOME | 研究会>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |