FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

ぶつけようのない(小さな)怒り

昨日の出張の帰り、最後に乗ったモノレールは昨日も書いた通り終電でした。が、一本前の電車をタッチの差で逃しました。私が改札を通ろうとした時に出てしまいました。そこからホームまでは推定10秒か20秒。で、モノレールは本数がそれほど多くなく、終電を15分ちょい待ちました。これだけでも待つのが嫌いな私はため息ものなのですが、昨日はそれにプラスαがありました。

モノレールに乗る前に、新幹線からモノレール乗車駅まで地下鉄に乗ります。昨日は、モノレールに乗り換える駅の1個手前の駅で、なぜか長時間停車。なかなか発車しないと思ったら、ドアの故障(どうやら閉まらなかったらしい)というアナウンス。モノレールの終電に間に合うんだろうか、と少し不安になりましたが、そこまで長い停車ではなく1分か2分で発車しました。その時は「あー、これなら終電に間に合いそうだ」と少しホッとしたのですが…そうです。その1分か2分がなければ、モノレールの終電前に乗れて、余計に15分も待つ必要はなかったのです。

なんというか、大した怒りではないのですが、どこに怒りの矛先を向ければいいのかわからない、まさに地団駄を踏みたい気分でした。こういうときに踏むのが地団駄かー、と思ってしまいました。って、実際にはマンガみたいに地面を蹴ったりしませんでしたが。ははは。

しかし、電車のドアが閉まらないという故障のアナウンスを聞いた後にドアに寄りかかっている人は、飛行機の整備に戸惑って離陸が遅れるようなことがあっても全然不安にならない人種なんでしょうか。私なんてチキンなので、走っている途中にドアが開かないか微妙に緊張してました。まあ、実際には安全装置かなにかがあって、全てのドアが閉まっていないと走り出せない仕組みになっているのでしょうが、ドアの故障のアナウンスの後にドアに寄りかかってる人はそこまで考えてるのかなぁ…。


日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<新学期 | HOME | 委員会>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |