FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

そろそろ3.5+3.5TeVでの衝突

3.5+3.5TeVでの衝突が間近のLHCです。Media Dayと称してマスコミを集め、今日初めて3.5+3.5TeVでの衝突を行うと大々的にCERNでは宣伝していました。宣伝だけではなく、3.5TeVでも数日前から安定なビームを得られるようになっていて、実際面での着々と準備が進んでいました。予定では確か今から数時間後くらいに初衝突があるはず。

ということで、LHCの状況をウェブでチェックすると、確かに両方のビームが3.5TeVで安定して周回しているようです。それぞれのビームが2バンチ。陽子数は今のところそれぞれ1.9E10と1.5E10。ただ、陽子数のヒストリーを見ると、通常は長い寿命を保っているのですが、ときどき、ガクッとビームロスしてるときがあります。なので、何らかの調整を行った時にそういうことが起こったのだと思いますが、衝突させるときには陽子数は変化しているかもしれません。

いやー、いずれにせよ、楽しみです。現場にいたらもっと興奮するんだろうなぁ。


研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<雨の降り始めの匂い | HOME | 新年度近づく>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |