FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

修士課程入学者

昨日に引き続き今日も学会発表のリハーサルで盛り上がって(?)います。Kaonグループの学生が4人練習を行いました。普段は非常に温厚で、私と違って怒ることが全くないY教授ですが、ネガティブな発表内容、というか発表の仕方が続いたために、珍しく今日は不機嫌でした。そもそも講演の流れ云々の前に、リハーサルを行うという段階で全然準備ができていない人がいるのですから、Y教授だからあれくらいで済んでますが、普通の教員だったらキレています。

そういえば書いてて思うのですが、学生を怒らないY教授に変わって学生に雷を落とすのは最近私の役目になっているような気がします。前の助教だったHさんがいたときは彼がその役回りを引き受けてくださっていたのですが、今その役目を担えるのは研究室の中ではどうやら私だけのようです…。

結局、昨日今日と10時間以上費やして学会のリハーサルを行いましたが、その第2弾を早速明日やることになりました。今週はやはり学会週間です。

そんな学会週間ですが、隙を見て例の新入生研修旅行の打ち合わせなどを行っています。面倒も面倒なのですが、日が近づいてくると準備に何か抜けがないか不安になってきます。何回か担当していれば段取りがわかってますからルーチンワークで処理できて、そういう不安は小さいのでしょうが、初めてだとその辺の効率も非常に悪いです。慣れてしまえば難しい仕事ではないですから、誰か担当の人を固定してその人が毎年やるというのがいいと思うんですけど…それを教員が引き受けるのは厳しいものがあります。で、結局今のスタイルになってるんでしょうね。

おっと、それから今メールをチェックしていて気づきましたが、ようやく修士課程の入学者が決まったようです。大学院の入試は夏ですから合格者は当然何ヶ月も前に決まっていたのですが、入学手続きはわりと最近で、それまでは入学者が確定しません。複数の大学の修士課程に合格してる学生もいるので、入学手続きを済ませるまでは本当に誰が入学してくるのか確定にはならないというわけです。

で、私たちの研究室には3人配属されることが決まりました。同じ大学でも違う研究室からだったり、別の大学出身者だったりするので、私は3人とも面識がありません。いや、1人はたぶん私の授業を受けていた学生だと思うので、3人と面識がないというのは言い過ぎです。が、いずれにせよ、研究室に配属されていた4年生ほど濃密な接触はなかったので、どんな学生さん達なのか会うのが非常に楽しみです。


大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<今日も | HOME | 女性限定の公募>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |