FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

雑用山盛り

引き延ばし続けていた物理学科の新入生研修旅行の事務手続きですが、いよいよやらないとならなくなってきました。

企画、準備はまだいいのですが、金が絡んでくる話は非常に面倒くさいです。100人近い団体の収支を合わせつつ、ややこしい大学の手続きを踏み、宿泊代、宿泊施設での食事代、弁当代、その他を全ての支払い…素粒子物理学者じゃないとできない、素粒子物理学者向きの仕事なんですね、きっと。お金の計算にラグランジアンを計算する必要があるのかもしれません。

も一つ面倒なのが、この旅行のために出席できない授業がでてきます。物理学科の公式行事なので、授業を欠席することで学生が不利益を被らないようにお願いします、という通知を講義を担当する教員に配布、説得しないとなりません。小中高校の修学旅行なら学校行事ですからそんな必要はありませんが、大学というのは各部局(=ほぼ学部ですね)ごとに独立した運営を行っているのでこういう面倒なことが生じます。もっと言うと、この新入生研修旅行は物理学科の公式行事ではありますが、理学部の公式行事ではないということになります。典型的なお役所的縦割りですね、とほほ。でもまあやらないとなりません。他学部(学科)の教員を説得するのも、きっと物理学者でないとならない能力が要求されるに違いありません。

とまあ、いかに私がこの仕事を嫌がっているかがわかってもらえるかと思いますが、物理学専攻の秘書の方から照会がきています。もういい加減やらなきゃなりません…。

しかし、引率や企画はいいですよ。教育の一環ですから。事務手続きもそれに付随してるから仕方ないのかもしれませんが、それを研究者がやるというのは効率的ではありません。けど、こういう仕事を職員の方にお願いすると賃金を払わなければなりません。一方我々教員ならタダです。で、何でも(一部の)教員がやることになってしまうんですね。うーむ。


日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<リハーサル | HOME | 全員集合>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |