FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

学生近況

フライブルグ大に長期滞在していた博士課程の学生が昨日大阪に帰って来て、今日久しぶりに顔を会わせました。彼に引き続き、CERNで長期滞在している博士課程の学生も今週末には大学に帰って来ます。年度末なので予算の都合上帰って来ないとならなくて、かつ、今月は学会があるのでそれに合わせて2人とも帰国するというわけです。ということで、来週以降は大学にいるATLASグループのメンバーが増えて少しにぎやかになりそうです。

修士課程の学生はというと、M2の学生はもちろんもう研究活動はしていません。ちょっと前にも書いた通り、就職を前に遊び回っていていい時期だと思うのですが、就職先の会社からの指令で毎日勉強をしていて大変そうです。私が知っている限りでは、映画3本を1日でハシゴして観るという催しを決行していたくらいしか遊んでなさそうです。

M1の学生2人は相変わらず大学にいません。1人はKEKに滞在して、検出器関連の研究。小さな壁に当たっていたのですが、この週末にどうやら問題を解決。大きな前進があったようで素晴らしいです。もう1人のM1も普段はKEKで検出器関連の研究をしているのですが、その研究グループがアメリカのFermilab(フェルミ国立加速器研究所)というところでコラボレーションミーティングを先週やったので、それに出席するため先週はアメリカでした。英語での初めての発表だったはずですが、うまくいったのか気になるところです。

以上が学生近況ですが、4月からはどんな新メンバーが加わるのか今から楽しみです。


大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<親子?兄弟?友人? | HOME | 名古屋でのアウトリーチ報告>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |