FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

お知らせ(reminder)

明日、3月6日(土)14時より、名古屋大学野依記念学術交流館というところでLHCに関する一般向けの講演会を行います。13時半に開演(らしい)。お近くにお住まいのかたは遊びにきてください。約30分の講演が3本。その後、講演者や現場で研究活動をしている大学院生らと話をする時間が設けられています。拍手コメントで楽しみにしてると書いてくださった方もいらっしゃいまして、有り難いことです。

最近は、3人の講演者の間で内容の擦り合わせをやったり、お互いの講演内容を議論しました。といっても、私が他の2人の講演内容にあーしろ、こーしろと注文を出すばかりでしたが。特にYさんには色々と厳しい注文を出したので、真面目なYさんはきっと大変だったことでしょう。どうもすみませんでした。でも、当初よりも格段にわかりやすくなって、かつ、質量が何かという本質に迫れる、とても良い内容になっています。

さて、明日以外のアウトリーチ活動の宣伝もしておきます。

5月1日(土)は、いちょう祭というプチ大学祭の企画の一環で、大学の一般公開のようなことが行われます。そこで、LHCの解説を行います。大学の一般公開なので、だらだらと人が来て人が来ると我々が話をする、というスタイルが一般的なのですが、もし来場者が多いなら、時間を決めて簡単な講演をするというのもありかなと考えています。時間は一応10:00-17:00なのですが、昼時は交代で食事を取りますので手薄になります。もし大学の近くにお住まいで来られる方がいらしたら、昼時は避けたほうがよいかもしれません。あ、会場は、大阪大学理学部(豊中キャンパス)のH棟という建物(=中環に面した正門を入ってすぐの建物)です。6階エレベータホールすぐ前の部屋でやる予定です。大学の中も見られますし、だらだらと長話をすることもできるので、雰囲気を味わうには実は一番良い機会かもしれません。

それから、大阪市立科学館での一般向け企画は6月19日(土)でほぼ確定。講演会とCERNの現場からの生中継という2本立てのメニューで、今は、CERNとの生中継に関する日程の擦り合わせ等を行っています。ということで日程は「ほぼ」確定としか言えません。まあ、80%以上の確率でその日になると思います。


研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<論文数と分野の違い | HOME | 不足>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |