FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

再開

そういえば、雑用に囲まれて忘れていましたが、LHCの運転が再開されました。日曜に時計回り、反時計回り、両方のビームがLHCリングを周回しました。いよいよ2010年の運転開始です。周回直後からマイナートラブルが幾つか発生しているようですが、まあ、加速器の立ち上げ時にはないほうが不思議なくらいのマイナートラブルなので、ぼちぼち調子が上がっていくのでしょう。

LHCに入射した450GeVのままで(加速なしで)の調整をしばらく行い、その後3.5TeVに加速。そして3.5TeVでの衝突。たぶんここまではビームをそれほど絞らず、3.5+3.5TeVでの衝突が安全に行えることを確認して、その後ビームを絞りルミノシティを上げることになるのではないかと思います。3.5+3.5TeVでの衝突は、今月末が予定されています。楽しみです。


研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ATMの前で | HOME | コンピュータの耐久性勝負>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |