FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

500系のぞみ

ニュースで見ましたが、500系のぞみの営業運転は今日が最後なんですね。8両編成に変更した500系がこだまとして新大阪・博多間を走るそうですから、大阪に住む私はこれからも500系を目にする機会がこれからもありそうです。新聞によると「鉄道ファンや子供から惜しまれ」とあります。私は鉄道ファンでも、多分子供でもないはずですが、のぞみとして乗れなくなるのはちょっと残念かもしれません。と言いつつ、編成が非常に少なかったので私は2、3回しか500系に乗ったないのですが。

確かに乗ると狭くて居住性悪いですし、カーブの曲がり具合も700系には負けますが、でもあの形はやっぱりカッコいいですよね。700系のほうが斬新なのかもしれませんが、子供の頃に見た「未来の電車」そのもののデザインはやはり魅力的です。

ところで高速鉄道の速度競争ではTGVが有名ですが、速度記録はインチキと呼びたいです。営業用車両で無茶をして凄いスピードを出したというならまだしも、速度記録に挑む時は特別仕様なんですね。まず、TGVは電車方式ではなく機関車が客車を引っ張る方式なのですが、記録に挑む時は客車をたった3両に減らします。しかも、通常は先頭と最後尾に機関車があるだけなのに、記録に挑む時は客車を電車式のようにモーター付きの客車に変更。さらに電圧を通常よりも高電圧にする、という、通常とは全くかけ離れた状態で記録にチャレンジするのです。確かに営業用の車両なのかもしれませんが、かなりズルいです。これだったら、TGVの速度記録を比較するのは新幹線ではなく試験中のリニアモーターカーとかのほうがフェアです。って、TGVはリニアモーターカーをライバル視してるのかもしれませんが。

ちなみに、TGVはよく言われているように高速で走る区間が短いですし、乗り心地も700系以降の新幹線ほど良くありません。運行時間の異常なまでの精度といい、事故の少なさといい、冷静になると(ならなくても?)日本の新幹線には色んな点で驚かされます。

あ、だいぶ脱線しましたが、500系のぞみがなくなるのはちと残念です。


日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<テロップ | HOME | 研究費と年度末>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |