FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

行事山盛り

色んな催しのある1日でした。

午前中は授業、というか、テストの代わりにレポート問題を配布。今学期は授業をたくさんやりましたが、これで終わり。しばらくは授業がありません。安心しますが、同時になんというか拍子抜けというか、寂しいというか妙な気分です。

午後最初のイベントは修論関係。M2の学生は修論を審査員と事務に提出して一区切り。かとおもいきや、午後イチで発表会の練習。力尽きかけているTくんは準備が間に合わず、とりあえず見せるものだけ詰め込んだという内容になってしまい、土曜日に2回目の練習を行うことになりました。でもまあ、見せるものはできてますから、あとは話の内容をいかに筋立てるか、だけです。今日はとりあえずゆっくり休んでください。明日丸一日頑張ればなんとかなるでしょう。お疲れさま。

その後、物理学科の3年生に対して研究室紹介をしました。4月から4年生になる彼らは志望研究室を決めなければなりません。その一環として、今日と明日は各研究室の代表者が15分づつ研究室の紹介をするプレゼンを行います。さらに後日、3年生が研究室を見学する日時が設けられています。実際には好きな時に見学したいと言ってもらえれば、都合さえつけば要望に応えられるのですが、まあ、そういう日時が設けてあれば研究室巡りをしやすいだろうということです。で、当然のことながら研究室紹介はY教授が行うのが恒例なのですが、彼に急用が入ってしまったため、私がピンチヒッター。火曜にそう言われて慌てて準備したのですが、それなりにウケは取れたので満足しています。って、これで私たちの研究室の希望者が例年に比べてガタ落ちだったらショックだなぁ。そういう危険を冒して私をピンチヒッターに起用するY教授は相変わらずギャンブラーです。いや、真面目なこと言うと、人を信頼することができる、人を育てるのが上手い人だなぁと感心します。

研究室紹介のあとは、KEKのスタッフと電話で打ち合わせ。KEKに長期滞在して研究をしているOくんの研究方針・計画に関する議論でした。Oくんは大学ではない研究所という環境で一人で研究をしていますが(Uくんという同級生の修士課程の学生が同じくKEKに長期滞在しているので、生活面ではそれほど一人ではないのでしょうが)、着々と研究を行っているようで安心しました。私とのテレビ会議でそういう雰囲気は伝わってきていましたが、側にいるKEKのスタッフも同じ印象を持っているようなので、より安心し、頼もしく感じました。

修論を頑張っていたTくん、KEKで頑張っているOくん、Uくん、学生が頑張っているのを見るのは本当に心地良いです。


大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<CMS | HOME | 修論提出>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |