FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

修論大詰め

大詰めと言っていいかわかりませんが、修論の締め切りがだいぶ近づいてきました。残すところあと1週間強。修士課程2年のTくんはまさにラストスパート中です。

しかし、論文という形にまとめると、学生がこの2年間でどういうことをやってきたのかよくわかります。多くの学生は修士課程に入る段階では、高エネルギー物理業界に必須のコンピューティングスキルをほとんど持ち合わせていません。私もそうでしたし、Tくんもそうでした。それが、非常に複雑でプログラムを1本走らせるだけでも大変なATLAS標準の解析ツールを使いこなすようになり、自分でシミュレーションを走らせデータを作り、標準では配布されていない解析手法を取り入れ、今まで誰もやっていなかったより現実に近いシミュレーションと解析手法で、ヒッグス探索の感度を研究しています。改めて振り返ってみると、多くのことを学び成長していたことを実感します。親が子供の成長を見るのと同じような心境ですかね。

なんて感傷にひたっている場合ではなく、彼の修論が締め切り内にまとまるようサポートし、ハッパをかけないとなりません。Tくん、食べ物をたくさん食べて、睡眠不足でも体調を崩さないように頑張ってくれよ!


大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<将棋と格闘技と研究 | HOME | 日常生活でのふとした疑問>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |