FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

飛行場

新聞で国内線ゼロ(韓国への便が1本あるだけ)の空港が茨城に開港したという記事を見ました。よくわかりませんが、かなり無茶な話に聞こえます。羽田空港のハブ化、神戸空港からJALが撤退(でしたっけ?)、伊丹空港を閉鎖するとかしないとか、最近空港関連のニュースをよく耳にしますね。

政治家と空港の地元との利権が絡んで話がややこしくなってるんだと思いますが、今の日本の航空行政は利用者にとって不便極まりないですよね。私個人は住んでる場所と大学が伊丹空港に近いので伊丹存続はありがたい話ですが、そういう一部の人間以外にとっては(まあ、その一部の人口が結構多いのかもしれませんが)伊丹と関空の関係って微妙です。さらに、私にとっても伊丹空港がありがたいのは国内線だけで、国外線に関しては非常に不便ですし。

やっぱりデカイ空港があって、それがハブになってるのが便利ですよね。最近CERNに行くときは関空でなく成田を使ってるので、余計にそう感じます。成田・伊丹間の便数少な過ぎ。成田から羽田に移動するという発想がわかりません。じゃあなんで関空に行かないかというと、便数が少なくてチョイスが少ないんですよね。うちからだと遠いし。値段も変わらないし。

羽田とか成田とか言わず、外国の空港並みにでっかい空港をどっかに作ってハブにしてくれないですかね。羽田にしても成田にしても空港凄く小さいですよね、外国の大都市の空港に比べると。あれではハブになんてできないんじゃないかなぁ。でも、作るとしたらどこがいいんですかね。広大な土地が必要ということで北海道あたりはどうでしょうか。西のほうだと雪が多いので東のほうで。ダメですかね。


日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<年末年度末 | HOME | その後の感想>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |