FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

とある教員公募

今日メールで回覧されていた大学教員の公募は興味深かったです。何がって、応募できるのは女性のみなのです。他の分野ではよくあることなのかもしれませんし、implicitに女性研究者を募集してる場合もありますが、これだけ堂々と女性限定と公募条件にあるものを直接見たのは私は初めてです。やりますね、東北大学。私たちの大学でもこれくらいパンチの効いたことをできるといいのですが…。

この業界の人にとっては珍しくない通知ですが、公募通知ってどんなものか見たことない人もいると思うので、全文引用してみます。名前やメールアドレスなどについては消しておきます。

以下引用----------------------------------------->

2009年12月14日

東北大学大学院理学研究科教員公募

東北大学大学院理学研究科長 研究科長名

東北大学大学院理学研究科では、「男女共同参画社会基本法」の
精神ならびに「東北大学アクションプラン」における男女共同参画
推進に向けた取組の方針に則り、下記のように女性教員の公募(注)
を行います。この募集は、文部科学省科学技術振興調整費「女性
研究者支援システム改革加速プログラム」による本学の「杜の都
女性科学者ジャンプアップ事業 for 2013」からの支援、ならびに本
研究科の女性研究者支援の取組にもとづいて行われます。

1.職名および人員: 准教授1名(女性)
2.所属講座: 理学研究科物理学専攻 素粒子・核物理学講座
3.研究および職務の内容:
素粒子・原子核物理の実験分野。素粒子・核物理学講座の研究室
またはニュートリノ科学研究センターと密接に協力して研究を行うと
ともに、学部・大学院の教育にあたる。
4.任期:なし
5.着任時期: 2010年4月1日以降のできるだけ早い時期
6.応募資格: 博士の学位を有する女性研究者
7.提出書類:
1)履歴書
2)業績リスト
3)主要論文別刷(5編以内)
4)これまでの教育・研究実績の概要(A4 数ページ以内)
5)着任後の教育・研究に関する抱負(A4 2ページ以内)
6)意見書2通(厳封の上、他の書類と一緒にまたは別送で送って
ください。電子メールで送る場合は、こちらから受け取りのメール
を送ります。)
8.応募締切: 2010年1月25日(月)必着
9.応募書類提出先:
〒980-8578 仙台市青葉区荒巻字青葉6-3
東北大学大学院理学研究科物理学専攻長 物理学専攻長の名前
(封筒に「素粒子・核物理学講座教員応募書類在中」と朱書し、簡易
書留で郵送して下さい。)
10.問い合わせ先:誰かの名前
電話: 電話番号
e-mail: メールアドレス

注:男女雇用機会均等法第8条の規定(女性労働者に係る措置に
関する特例)に従って行われるものです。

<------------------------------引用終わり
大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ゼミとか | HOME | 今さらながら>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |