FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

今さらながら

さきほど理論の研究室のセミナーに行ってきました。「格子ゲージ理論で探るカイラル対称性の自発的破れ」というタイトルだったので、ハドロンの質量生成に関する話かと思って聞きに行きました。カイラル対称性の破れ、あるいは質量に関する話はこのエントリーを参考にしてください。(と、リンクする先を探すと、その質量の話を書いたのはすでに1年以上前なんですね。時の経つのはあっという間ですね。)

で、セミナーの内容ですが、理論のセミナーなので相当わかりません。唯一わかったのは、カイラル対称性の破れを仮定して、その仮定に基づきどれだけ詳細かつ定量的な予言を行えるようになったのかを説明しているのだな、ということでした。ただ、定量的な理論予測ができるようになること自体凄いとは思うのですが、カイラル対称性の破れそのものを証明してるわけではないので、格子ゲージ理論の専門家でない私にとっては微妙な内容でした。というような感想をセミナーのトークが終わったときに持ったのですが、そういう発言しづらい感想を質疑応答の時に普通に言い放つ理論のHさんの太さは相変わらずでした。Hさんとは同年代であることもあって割とよく話をしますし、色々教えてもらうのですが、セミナーのときだけでなく、大学運営の会議等でもポロっと正直な感想・意見をもらすので、彼の発言は第3者的にはかなり面白いです。

おっと、ここまで書いて間違えてアップロードしてしまいました。まだ続きがあります…。

タイトルにあるように、今日のセミナーを聞いていて今さらながらに感じたのは、質量って不思議だなということです。本当に何をいまさら、という感想なのですが、ゲージボソンやフェルミオンの質量はヒッグスとの相互作用が種になってるわけですよね。結合はゲージ結合だったり湯川結合だったりしますが、まあ、話を単純化すると、ヒッグスとの相互作用があって質量が生成されます。が、陽子や中性子、あるいはπ中間子などのクォークからなるハドロンの質量の大部分は強い相互作用によって生成されている、と信じられています。で、強い相互作用でカイラル対称性が破れうんぬんかんぬん、と話はごちゃごちゃありますが、とにかく、今私が言いたいのは、強い相互作用によってハドロン質量の大部分が生成される、ということです。

質量って、電磁相互作用の電荷、強い相互作用のカラー荷のように、重力荷みたいなもんなわけですよね。それなのに、固有の値があるわけではなくて、ヒッグス場あるいは強い相互作用によって動的に生成されると私たちは考えているわけです。それって、結構不思議、というか、他の相互作用の描像と全然違います。私たちが重力を理解していないからなのか、ゲージ原理のさらにその奥に電荷やカラー荷などを生成するカラクリがあるにもかかわらず私たちがそれを理解していないのか、はたまた今の私たちの理解が全くナンセンスなのか、何がどうなってるのかわかりませんが、やっぱり質量って不思議です。


研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<とある教員公募 | HOME | 電磁弁>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |