FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

出張

スイスへ出張。家を出発してから約20時間後の昨日の夕方、出張先の研究所の宿舎に到着。今回は2ヶ月弱とわりと長めの出張である。子供に顔を忘れられるのではないかと真剣に心配している。2、3週間程度の出張でも、家に帰って1日か2日は妙によそよそしくなるくらいなので、今度家に帰った時の反応がどうなるのか興味津々だったり、心配だったり…。

今回の出張でもう一つの大きな心配事は、住む場所。研究所の宿舎は1年間で60日間しか利用できないというルールがあって、すでに今年30日間近く滞在している私は、今回の出張全部を宿舎に泊まることができない。だからと言って、それに代わる宿泊施設があるわけではなく、大きな研究所なのに住環境の提供があまりにもお粗末なのである。だったらアパート、あるいはホテルを利用すればいいと思われるかもしれないが、研究所のあるジュネーブは世界でも物価が高くて有名(東京、大阪などの都市部の2倍強)な場所で、かつアパートもホテルの部屋も極度に不足している。だからこそ、研究所のhousing officeがしっかり機能していない事が問題になるのだ。ちなみに、世界中にある大規模な高エネルギー関係の研究所の中で、これほどhousing officeが機能していない所はないようである。そんなわけであと1週間くらいで、住む場所をなんとか確保しないとならない。

とまあ、心配事は色々あるのだが、やはり研究所のほうが仕事は遥かにはかどる。大学にいる時と違って雑用が少ないので、前々回のエントリーで書いたように研究の集中度が違う。かつ、わからないことがあった時に、メールで質問するより、直接話をしたほうが当然のことながら問題解決までの時間が圧倒的に短い。しかも、メールと違って時差もない。実際、検出器の解析をするためのソフトウェアの整理と開発を今まで先延ばしにしていたのだが、今日はだいぶはかどった。
日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<火災報知機 | HOME | 先週のこと>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |