FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

事業仕分け

もう我慢できません。って、別にここに書くのを我慢する必要ないかもしれませんが…

科研費が事業仕分け対象になるなんて、、、全く納得いきません。もちろん、研究者の生命線といえる予算が対象だから頭にきてるというのもありますが、それ以上に納得いかないのが、事業仕分けの進め方です。本当に無駄をなくすつもりなら全ての事業を対象にするべきだし(今回の対象になってるのは概算要求全体の15%程度だそうです)、各仕分け対象の議論が1時間というのはあまりに短過ぎます。そんな短時間の議論で数十億から数兆円のプロジェクトの意義を理解してもらうのなんて不可能だし、必要かどうか判断することができると思うほうが狂っています。しかも、数億円の予算要求も10兆円の予算要求も一律1時間て…。ありえません。

色んなとこで言われていますが、1) 必要かどうかではなく、切りやすい事業をリストアップし、2) 政治パフォーマンスを行い、そして、3) 財務省主導ですでに筋書きができている茶番、としか思えません。

あまり政治には興味がなかったのですが、ここ数ヶ月は政治(政府)に対して頭にきてばかりいます。

ちなみに、事業仕分け対象になってる文科省のプログラムには、科研費以外にも身近な予算は幾つかあります。予算が削られて当然、あるいは、そもそもそんなプログラムなくても仕方ない、と内部の人間の私が感じるプログラムもあります。そういうプログラムと科研費が並列されてるから余計に「真に必要かどうか」という本来の観点からかけ離れていると感じてしまいます。

さらに、ちなみに、科研費関連で仕分け対象になっている種目の幾つかが廃止されてしまうと、私はATLAS実験を続けていくことが非常に難しくなります。このブログも名前を変えないとならなくなります。って、そんなこと言ってる場合ではなく、本当にピンチです。神様でも仏様でも稲尾様でも、世界中の八百万の神に、科研費が削減されないことを祈りたい気分です。


日常 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<今日の授業とLHCの近況 | HOME | 日常生活へ近づく>>

この記事のコメント

それでも生き残れるプロジェクトになるのがいいと思います。何も分かっていない人にも大事だと思ってもらえるプロジェクトですね。

ATLAS、というかLHCは大事なプロジェクトだと個人的には思いますが、そういうプロジェクトが日本でできるといいですね。次は何なのでしょうか?楽しみです。
2009-11-16 Mon 21:49 | URL | WB [ 編集]
> ATLAS、というかLHCは大事なプロジェクトだと個人的には思いますが、そういうプロジェクトが日本でできるといいですね。次は何なのでしょうか?楽しみです。

楽しみにしてくださる方がいるというのはありがたいことです。
科学者は頑張らないとなりませんね。
2009-11-17 Tue 11:40 | URL | ExtraDimension [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |