FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

日常生活へ近づく

色々な締め切りに追われ苦しんだ10月、そしてCERNへの出張と、富士吉田でのPhysics Schoolでの講義。これらをこなして、ようやく日常生活に戻りつつあります。って、平均して授業が週に4回8コマあるというのはかなり異常なのですが、その異常さに慣れてきてる自分が怖いです…。

まあ、それはさておき、あとこなさなければならないのが、Saturday Afternoon Physicsという高校生向けのレクチャーシリーズの準備。21日に講義を1時間担当することになっているのでそのための準備と、28日には各研究室で出し物(高校生に簡単な実験をしてもらうか、模擬授業を受けてもらうかのどちらか)をしなければならないので、そのための準備の2つです。この準備が終われば、授業の多さ以外は本当に日常の大学生活に戻ります。もう一踏ん張りといったところでしょうか。

さて、今日木曜は例によって午前講義、午後が実験という授業漬けの日です。午前の講義は聴衆が完全固定メンバーになって、人数も例年と同じくらいで落ち着いています。講義を受けてる学生の多くが理論の学生というのも例年通りです。実験屋向けの話をしてるつもりなのですが、なぜか毎年理論の学生が多いんですよね。実験系の学生には難しいという評判でもあるんでしょうか。

午後の実験の授業では、今日からいよいよ実験と呼ぶにふさわしい内容に入りました。私の担当する木曜の実験は、RC回路とLCR回路を作って減衰振動を観察してもらうという内容です。1週目の今日がRC回路、来週がLCR回路になります。この内容を担当するのは非常に久しぶりでどんな進行具合になるのか忘れていたので、内容だけ見て非常に早く終わるのではないかと楽観していたのですが、なかなか苦労するグループも多く、全てのグループが終わるには定刻の3コマ分がやはり必要でした。より複雑なLCR回路になったらどれだけ時間がかかるんだろう、と来週がちょっと恐ろしくなりました。工学部1年生のみなさん、頑張ってください。


日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<事業仕分け | HOME | 富士山vsモンブラン>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |