FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

飛行機・電車・バスの中にて

飛行機から降りる時にいつも思うのですが…エコノミーよりビジネスクラス、ビジネスクラスよりもファーストクラス、と席の値段が上がるに従って、散らかり具合が激しくないですか?大抵はファーストクラスは通らずビジネスクラスだけを通って、「うわっ、なんて散らかってるんだろう。」と思うのですが、たまにファーストクラスまで通るとさらに散らかっていて驚きます。

先週CERNにいるときにこの話題で盛り上がり、皆が皆同じ感想を持っていました。で、研究室のメンバーで昼飯を食っているときにこの話題を持ち出すと、やはり皆が皆激しく同意。Y教授なんて声を裏返してまで激しく同意してきます。自分だけが気になっているのかと思っていましたが、誰もがそう感じるということは私のバイアスではなく、やっぱり本当に散らかっているんですよね。

しかし、なんでそこまで散らかせるかっていうくらい散らかってませんか。意識してやろうとしても私にはなかなかできません。読んだ新聞や雑誌は床に散らかして置かないとなりません。それも普通に置いたのではダメで、新聞ならぐしゃぐしゃにして、雑誌なら変なところに折り目がついた状態で広げて、置かなければなりません…わざとじゃなくてどうやるとああいう状態になるのでしょうか???新聞雑誌だけではなく毛布を初めとするアメニティ関連グッズもどうやればそうなるんだ、という惨状です。

ビジネスやファーストクラスに乗るようなエグゼクティブな人々は、普段から読んだ新聞は丸めて床に置き、置きた後使っていた毛布はベッドの下に放り投げるのが普通なんでしょうか。私の周りにはファーストクラスに乗る人がいないので質問することができません。このブログを読んでる方の周りにファーストクラスに乗るような金持ちの知り合いがいたら、なぜ飛行機の中であれほど散らかせるのか、ぜひ訊いてみてください。

あと、この話と関連があるようなないような話なのですが、私が通勤で使っているモノレールは飛行場に行く人が使います。で、バッグの大きさなどから飛行機を利用する人はモノレールの中で認識できるのですが、そういう人たちの座り方って明らかに横柄というか、我が儘というか、普段電車を利用してる人とは違うんですね。ふんぞりかえって足を投げ出して座り、さらにその足を組んで、そういう人が対面に座っていると電車の中を歩くのは不可能です。さらにスーツケースを床に置くのはわかりますが(というか、床にしか置けませんが)、混んでいても自分のバッグを椅子に置く、あるいは床に置いて、詰めて座ろうとしません。ヤンキー兄ちゃんが確信犯的にそういう態度を取るのはわかります。なにしろそれが彼らのidentifyですから。しかし、いい大人がそういう態度を取るのってなんでだろう、とこれまた常日頃から思っていました。ビジネス・ファーストクラスとまではいかなくても、飛行機を頻繁に利用する人というのは平均して所得が高いはずで、所得の高さと乗り物でのマナーの悪さには正の相関でもあるのでしょうか。

ちょっと違う方向なのですが、電車やバス、対面型ではなくボックス式の座席のときに、通路側に座って自分の荷物を窓側に置いておく人がいますよね。それだけでも私には理解不能、「そのバッグ邪魔」とか言ってしまうわけですが、さらに理解不能なのは、そうやって座っている時に周りをよちよち歩きの子供や、やっと立っているようなよぼよぼの年寄りに囲まれてしまったときです。昨日もそういう場面に遭遇したのですが、それでも席を譲るどころか自分の荷物さえよけないわけです。ちなみに、こういう態度の人と所得の高さに相関があるとは私の人間観察からは感じていません。それはさておき、ある意味物凄い精神力じゃないですか?私なんて気が弱いので電車に乗ると、前に年寄りや赤ん坊を抱えたお母さんに立たれたらどうしよう、ってビクビクして座れないときあります。朝の通勤時間や、帰りの遅い時間ならそういう不安はないのですが、休みの日に電車に乗ったりするとそれが不安でたまりません。私だけでなく友達でもそういうヤツはいますし、世の中にはそういう人も結構いるんじゃないかと思います。

とまあ、乗り物に乗ると理解不能な行動を取れる人がいて、そういう人に態度を直せと偉そうに言うつもりはないのですが、何をどう考えてそういう態度を取れるのか非常に気になるんですね。一回質問してみたいのですが、「足を組むのやめて詰めて座れ」とか「席を譲れ」と言ってると勘違いされて、私の質問の意図が伝わらないのではないかと思いやめています。

物理以外でも毎日不思議なことが多いです。


日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<久々の授業 | HOME | 大学に戻り書類書き>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |