FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

移動日

今日は大阪への移動日。昼前の便でジュネーブを発ち、アムステルダム、成田を経由して大阪には日曜の晩に着くというスケジュール。ジュネーブに来る時同様、アムステルダムでの乗り継ぎに莫大な時間があるので、今回もまた移動に24時間くらいかかりそうです。

今回の出張の大きな目的は、修士課程の学生の発表につきあうことと、博士課程の学生の研究方針を決めることでした。修士課程の学生の発表に対する聴衆の反応は悪くなかったし、博士課程の学生の研究方針に関しても、私が望む方向性で現場の人のサポートを取り付けることができたので、出張としてはまずまずの収穫があったように思います。あとは、決まった方針に沿って、博士課程の学生がどれだけ頑張れるか、どれだけvisibilityを上げることができるか、が問題です。

一般的に博士課程在学時というのは、人生の中でも一番の踏ん張りどころだし、一番集中して研究をやれる時期だと思います。今話題にしているHくんもまさにそういう時期なので、体を壊さない程度に頑張って欲しいところです。

来週からはまた大学での生活に戻ります。こちらにいる間、4年生実験はリモートで(メールのやりとりで)指導していました。大学にいるポスドクの人に相当手伝ってもらったのかもしれませんが、NaIという結晶に粒子が入射した時の発光量を測定できました。卒業実験に備えての予備実験で、来週からは別の結晶での光量を測り、どちらの結晶を最終的に使うか決めることになりそうです。

それから、授業の嵐のために、4年生対象、修士課程の学生対象、の両方のゼミをしばらくやっていません。来週からはなんとか定常通りゼミを復活させたいです。


日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<大学に戻り書類書き | HOME | 陽子の速度>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |