FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

研究所の動物達

高エネルギーの研究所というのは、施設の規模が大きいので、広大な面積を持ってるところが多いです。今いる研究所もまあまあ広いので、羊が放牧されてたりするわけですが、アメリカのシカゴ近郊にある研究所は本当に大きくて(縦横それぞれ5kmくらいあると思います)、研究所の敷地内にいろんな動物がいます。野生動物の宝庫で、ギース、鹿、スカンク、アライグマ、コヨーテなどなど、日本だと動物園でしかお目にかかれないような物までいます。しかも、アメリカの中西部らしく、馬やバッファローを飼っている牧場まで研究所の敷地内にあります。休日になると、子供連れの人たちがバッファローを見に来たりするんですね。

野生動物がいるってことは、自然が残されてるわけなので、それはそれでいいのですが、通勤して困るのは、動物たちが、特に夜、運転してる車の前に飛び出して来ることです。もちろん動物を轢くのは気分悪いですし、実際問題、鹿くらいの大物を轢くと車の方も大破することがあるらしいです。SUVに動物除けというか、車を守る為の大袈裟なガードが着いているのを日本で見かけると、どこでそんなに大きな動物に出会うんだ?人でも轢くつもりか?と大きな疑問を抱くのですが、アメリカだったらそういうガードを車に付けるのもアリかもしれません。鹿クラスは滅多にいませんが、スカンクを轢かれてるのはよく見ました。というか、スカンクが轢かれてると、その臭いですぐにわかります。いや、ホントに臭いです。轢かれたスカンクが可哀相なのは当然として、轢いた車にも臭いがこびりついて、スカンク、人間ともに不幸です。

ちなみに、自分は、7、8年間、そのアメリカの研究所で過ごしましたが、幸いなことに自分で大物を轢くことはありませんでした。ヒヤッとすることは何度かありましたが。


日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<python script | HOME | ネットワーク環境>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |