FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

1年生物理学実験

すでに書いた通り、先週から1年生物理学実験の授業が始まっています。今期は木曜と金曜のダブルヘッダーなのですが、来週の出張に備えて授業を交代してもらったため、今週は火曜日の今日も授業でした(今週はさらに水曜日の午後も似たような授業があるので、午後はずっと旧教養の建物まで遠征です)。

実験が初めてなので、先週はある真鍮の体積と質量を測定して密度を最終的に測定。誤差や有効数字の概念、最小二乗法などに慣れ親しんでもらうことを目的としていました。今週はその結果についてレポートにまとめる、というか、レポートの書き方を学んでもらうのが目的で、最初に説明をした後は、今日はひたすら学生がレポートを書くのを待っていました。

しかし、私が言うのもなんですが、理系の学生は授業をこなすのが結構大変ですよね。あ、いや、私が不真面目な学生だったからそう思うのかもしれませんが(他の教員とは温度差がだいぶありますから…)、他にも実験のレポートがあったり、講義だけでなく演習でもレポートがあったり、と、全部を真面目にこなそうと思ったらかなり大変なのではないかと感じます。

それに比べると、学生時代に聞いた話も、今になって聞く話も、文系の学生は楽ですね。なんで、こんなに差があるのかと愕然としてしまいます。だから何だと言われると、別に言いたいことがあるわけではないのですが、今日学生と話をして、昔自分が学生だった頃によく感じていたことを思い出しました。

…理系の学生の皆さん、頑張ってください。


大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<自然科学実験 | HOME | 芋煮会に参加できず>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |