FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

平均余命と太さ

新聞で、肥満度と平均余命の関係の記事を読みました。太さを太いほうから肥満、太め、標準、やせ形と分類します。すると一番の長生きが太め、次が標準と肥満がでほぼ一緒、やせ形が一番平均余命が短い、という内容です。覚えているだけでも3回くらいは同じ趣旨の記事が過去にありました。で、毎回不思議に思ってしまうのですが、標準体型って何を基にどうやって決められているんでしょうね。

BMI(でしたっけ?)で多分太さを分類しているんだと思いますが、もし、今回読んだ記事の(プラス、過去に何度も記事になった)易学調査が正しいとすると、BMIの意味がよくわかりません。標準体型と言って、一番病気にかかりにくいのはこういう体型だ、と導いている体型が明らかに間違っているわけですよね。しかも、その数字をもとに、健康診断で、もっと運動して体重を減らせとか言われるわけですが、それって、平均余命の短い方向への誘導なわけで、かなり悪質です。

もちろん、私みたいに俺流な人は、健康診断で何か言われたくらいで生活を変えるわけありませんし、変えようと思ったこともないので実害は全くありません。ですが、健康診断で言われてることとか、ワイドショーでみのさんが言ってることを信じてしまう人が日本には何千万人もいるわけですよね。でもって、それを信じて平均余命が短くなるかもしれないダイエットをしようと思ってしまう人もいるわけで…。

今回の記事みたいな結果はむしろ稀で、その世界の定説とは逆なので記事になった、というなら、それはそれでBMIの設定が正しくてめでたいことですが、真相がどうなっているのか気になります。って、どこかで調べればわかることなのかもしれませんが、バイアスのない真の調査結果を見つけるのはそれなりに難しいんでしょうね。だからこそ、今回のような記事が出たりするわけで、その道の専門家の間でも実は意見が分かれてたりするのかもしれません。


日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<追い詰められる | HOME | べろんべろん>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |