FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

2回目の更新

今日すでに2回目の更新です。

大学では今日からいよいよ後期が始まります。その初日の午前中、2限に私の講義がありました。久しぶりの講義はやっぱり緊張します。まあ、毎回と言えば毎回なのですが、汗ビッショリで講義をやってきました。

さて、今週ずっと苦戦しているCAMACの読み出しです。

昨日はKaon実験をやっている研究員の人にも手伝ってもらって、彼らのシステムで4年生が使っているADCの動作確認をしてもらったり、正常に動いているCAMACが返してくる変数を私たちのシステムが返す変数と比べたりしました。その結果、ADCそのものに問題はないこと、CAMACを呼んだ時に返って来る値は一見正常なのになぜかデータだけが読み出せないこと、の2点を確認しました。逆に、他のクレートで読み出せているADCを使っても、4年生のクレートでは読み出せません。となると、残りで怪しいのはクレートそのものか、クレート・コントローラー。より怪しいのはクレート・コントローラーだと思うのですが、厳しいことに今4年生が使っているPCで使える(PCIカード経由)コントローラーの予備が私たちの研究室にはありません。

ということで、このブログ読者でcc/7700を貸してくれるという奇特な方はいらっしゃいませんか?明日と明後日はKEKに出張なので、KEK方面の方で貸してくださるかたがいると大感謝です。と、ここで世界に向かって助けを乞うてみます。その前に、今日の午後、クレートそのものに問題がないか確認はしてみる予定ですが…。

おもいっきり専門家向けですが、、、
qやxは正常なのにデータだけが変な値になるという症状の原因に心当たりのかたがいらっしゃりましたら、こっそりとコメントもらえないでしょうか。ここでも、世界に向かって(?)お願いをしてみます。よろしくお願いします。


大学 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<ネットワーク関連の会議でKEK | HOME | 研究費不正使用の話の続き>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-10-01 Thu 17:55 | | [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |