FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

ブログの成分解析

数週間前に広告に釣られて、blogramというサイトにこのブログを登録しました。何に釣られたかというと、ブログの成分解析を自動で行い、みどころを日々勝手に纏めるという機能です。キーワードを検索してどういう内容が書いてあるのかを推定しているのでしょうが、そういう方法で解析された場合、私のブログの内容がどのように纏められるのか興味を持ちました。

で、例えば、今表示されているみどころは…
「ATLAS at Osaka」には、「学校」に対する「面白さ」が、とにかく詰まってます。意外にも「大学院」も上位にランクイン!キーワードは「入学」「事件」です。最近は、「事故」、「安心したい」、「アメリカ」にも関心が向いているようです。
…となっています。

どうでしょうか?
私のブログをのみどころを纏めるとこうなるんでしょうか。うーむ…。

最初の一文は登録して以来ほとんど変わっていません。が、キーワードと最近の関心というのは、わりと直近のエントリーからだけ検索・解析しているようで、しょっちゅう変わります。特に最近の関心というのは直近のエントリーのみから検索された言葉が出て来ているようで、毎日笑ってしまう解析結果が表示されます。私の関心が「事故」や「アメリカ」とは自分では全く気づきませんでした。ははは。

キーワードのほうは直近の2、3日間から1週間以内程度の期間に頻繁に使われた言葉のような気がします。が、ブログという性質上、毎日同じテーマについて書いているわけではないので、直近数日のエントリーだけから検索・解析するというのは無理な気がします。キーワード、最近の関心ともに、検索するエントリーの統計をもっと貯めたほうがいいのではないかと思う今日この頃です。

上記の背景があるので、LHCやCPT定理に関する話を書いたときは、最近の関心が物理関係の言葉になるかと思ったのですが、全くなりませんでした。どうも、私のブログ中の物理ネタで使う言葉は物理の検索語として登録されていないのではないか、というフシがあります。みどころ以外にもブログがどういう内容について書いているかを分析しているのですが、blogramによると私のブログは物理についてはあまり語っていないようです。スイスとかスイス旅行とか、油断するとドイツに関する記述のほうが物理よりも多いと判断されているようです…いやー、知りませんでした。私のブログはスイスやドイツの旅行情報が充実しているんでしょうか。ランキングも勝手にされているのですが、スイスの旅行の宣伝専門のサイトよりも「スイス旅行」というカテゴリーで私のサイトのほうが上位なのには笑いました。

今日はblogramの解析プログラムのテストのために、以下、脈絡のない物理関係の文章を記述します。

ダークマターは全宇宙の約23%の質量を占めると考えられている未知の物質である。MACHOと呼ばれる光らない天体だけがダークマターの質量を担うという可能性は実験的に否定されている。そこで、ダークマターはなんらかの素粒子であると考えられているが、現状ではまだ特定されていない。最有力候補は、超対称性理論(SUSY)で予言される最も軽く安定な超粒子であり、スイスジュネーブ郊外で行われているLHC実験によって超粒子の発見、およびその性質の解明からダークマターが何であるかを特定することが期待されている。

ゲージ対称性は相対性原理や量子原理に並ぶ最も根源的な宇宙を支配する自然の法則だと考えられている。ゆえに、ゲージ対称性の破れは量子力学の破綻や相対性理論の破綻と並ぶ大問題であり、ゲージボソンが質量を持つというゲージ対称性の破れは、素粒子物理学が直面する最も重要な問題である。ゲージ対称性を保ちつつゲージボソンが質量を持つためのメカニズムとしてヒッグス機構が提唱された。このモデルではヒッグス場の存在を仮定しており、実粒子であるヒッグスボソンの存在を予言している。上記LHC実験では、ヒッグスボソンの発見とその性質の解明が期待されている。

さて、これで今日のblogramではどういう判定がくだされるのでしょう。私が何に関心をもっているのか…興味津々です。


日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<今日の成分解析の結果 | HOME | 遺族・被害者感情と量刑>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |