FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

高エネルギー委員

高エネルギー物理学の研究者(基本的には博士課程の学生以上)によって構成される自治会(?)みたいなものに高エネルギー委員会というものがあります。高エネルギー実験は非常にお金がかかるので、全ての研究者がやりたいと思う実験をそのまま全部実現させることは不可能です。そこで、scientificな重要性と実験遂行に必要な予算を考慮し、この分野としてどういう方向性で実験を推進していくべきかを提言してくのが高エネルギー委員会の役割です(と、自分では勝手に理解しています)。

この委員会のメンバーは10人で、実は7月はその選挙が行われていました。選挙にかかわることなので、ブログではこの話題に触れていませんでしたが、実は私はその委員に推薦されていました。その開票結果が先ほどオフィシャルになり、なんと当選してしまいまいました。選挙というものに今まで縁がなかったのですが、自分のことを信用してくれる人や期待してくれる人がいると思うと、何ができるのか全くわかりませんが、とにかく自分のためではなくこの業界のために何かしようという気になります。

推薦してくれた人々、投票してくださった方々、ありがとうございます。

高エネルギー委員の任務ではありませんが(そもそも、私にとって任務とか役割とか、そんな線引きはどうでもよいとことなのですが)、所信表明に書いた通り、またこのブログのテーマとも言っていい、女性、特に主婦への物理の普及に貢献したいと考えています。もちろん、短期で実を結ぶテーマではありませんが、誰かがやらねばならないこと、始めなければならないことだと思うので。


研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<CPT対称性 | HOME | 麻酔>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |