FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

電車の遅れとダイヤ調整

私はモノレールを使って通勤をしているのですが、今朝は蛍池という駅でトラブルがあったために全線ダイヤが乱れまくって、20分ほど駅で待たされてしまいました。かつ、当然のことながら駅が人で溢れかえってしまったために、人が乗り降りするのに通常より時間がかかり、かつ駅を出るにも時間がかかり、トータルでは30分近くいつもより時間がかかってしまいました。通常だとdoor to doorで20分強しかかからないので、30分近い遅れというのは私の通勤時間のスケールでは莫大な遅れです。

でもまあ、私の場合、1限に授業があるわけでも、大事な委員会があるわけでもなかったので(そもそも30分遅れでも1限には間に合う時間に今朝は家を出ていますが)、別に問題はなかったのですが、モノレールというのは大阪空港へ行く人がそこそこ利用しているので、そういう人たちに影響はなかったのかと、余計な心配をしました。私の場合、国内線だとかなりぎりぎりの時間に空港に行くので、今日くらい遅れてしまうとほぼアウトです。

それにしても、私の家の最寄りの駅の対応は非常に悪かったです。20分も電車が来ないのに一言もアナウンスがありませんでした。私の場合、5分待ってもモノレールが来なかった時点で駅員のところに(ホームには駅員がいないので、駅員室までわざわざ行かないとならない)どうなっているのか質問しに行きましたが、ホームに溢れていた人たちは理由もわからずただ待っていたんでしょうかね。飛行機だと色んな理由で色々な場所でよく待たされます。その時も、理由わからずぼーっと待たされるより、なんで遅れているのか説明してもらったほうがずっと精神衛生上いいと思うのですが、全然理由を説明してくれないことがあります。飛行機だと席を立つわけにもいかないので余計にたちが悪いです。いずれにせよ、交通機関に遅れが出たら、理由はすぐにアナウンスして欲しいものです。じゃないと、どれくらい待たされるのか想像がつかないので、回避する方法(あるいはそのまま待つか)を考えられません。

ところで、今朝の遅れた電車に乗っていた思い出したのですが、例えば山手線のように人が絶え間なく乗るような過密ダイヤの路線で、特定の電車が遅れた場合(事故などによる大幅な遅れではなく、数分の遅れ)、その電車よりも前を走っている電車(たち)をわざと遅らせるのだそうです。電車が遅れると当然のことながらその電車に乗る人が増えてしまいます。その結果、人の乗り降りにかかる時間が通常よりも増えて、その電車はますます遅れます。するとその電車に乗る人はさらに増え…といった具合にpositive feedbackがかかってずるずると遅れが増えていってしまいます。すると、その遅れた電車以降の電車は全部大幅に遅れてしまうわけです。そうならないように、遅れてしまった電車に人が集中するのを防ぐべく、一本あるいはそれ以上前を走っている電車をあえて遅らせて運行するのだそうです。
…非常に単純な話なのですが、この話を知った時は、そういう調整を思いついた人の賢さに感心しました。


日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ちょっと宣伝 | HOME | アクシオン>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |