FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

女性物理学者の研究環境

ちょっと前に、物理学者の好む異性のタイプ、配偶者がどういう人か、みたいな内容のエントリーを書いたことがありました。そのエントリーを読んだ人から面白いアンケート結果を教えてもらっていましたが、まだ紹介してなかったので紹介してみます。

物理学会員の女性研究者の研究環境に関するアンケートらしいのですが、色々面白いことが見えてきます。隅から隅まで読んだわけではないので、目についた結果だけ拾ってみると、例えば28頁のQ19。最初の常勤職につくまでの応募回数というのが年齢別、性別にあるのですが、これを見ると私が前に言っていたこと、女性が男性に比べて就職に不利だとは思わない、が間違ってない気がしてきます。私より年齢が上の女性は苦労したことが見て取れますが、私より下の世代では男女平等かあるいは女性のほうがむしろ有利になってきているように見えます。あと、ポイントは違うのですが、団塊の世代の人達は就職も全然苦労してなかったのがありありと見て取れます。貰う年金は私たちの数倍、就職にも苦労せず(ほとんど1回目の応募で就職できてます)、羨ましい世代です。

話を配偶者に戻すと30頁の図5-Q23-3に配偶者の職種というのがあります。女性研究者の配偶者は同業者(?)が圧倒的多数なんですね。これをどう読むかが問題です。研究者の数は男性のほうが圧倒的に多いので、数の原理で女性研究者がモテモテなのか。あるいは女性研究者は理系男を好むのか。どっちなんでしょうね。逆に男性研究者の配偶者の30%弱が研究者というのもかなり多い感じがします。物理の研究者数の男女比が1:3とか1:4とは思えませんから。となると、男性研究者は理系女性を好む傾向があるのでしょうか。

グラフを見るのが好きな私は想像を逞しくして、色々なアンケート結果を眺めて楽しんでいます。

最後に一言だけ真面目なことを書いておくと、女性は就職そのものが不利ではなくなったけど、やっぱり育児が大変そうです。私たち物理学専攻の唯一の女性教授であるT教授は、キャンパス内に保育園(託児所)を設置することに奔走していたのですが、その計画が認められる直前で梯子を外された経験があります。そのときのエピソードを語るときは本当に悔しそうで、いかに多くの女性研究者からの期待を背負っていたかがわかりました。今や子育ては女性だけがするわけではありませんから、男である私ですら大学内に十分な保育園なり託児所があると感じてますから、女性研究者にとっては本当に切実な問題です。T教授を陰ながら応援しています。めげずにまた頑張ってください。


研究 | コメント:2 | トラックバック:2 |
<<calibration(較正) | HOME | 竹内薫の「理系バカと文系バカ」>>

この記事のコメント

プロフィールをご覧になりましたか?


1.私は、江口徹教授に院試問題の不備を指摘したところ、教授はお認めになりましたが、その後私を退学させました。学生課事務専門員(年配の男性、当時公務員)は、職務と関係の無い「白痴」などの暴言を言い、その場にいた江口徹教授も和達三樹教授も、彼を咎めもせず私を退学させました。二人はその数年後、学士院賞と紫綬褒章を各々お受けになりました。


2.博士論文の 5/6 を、存在が疑わしい「超対称性粒子」発見を口実として約4000億円の税金を使うJLC計画推進者など、全員が多額な研究費の利害関係者である審査委員に「削除しなければ学位を授与しない」と脅迫されました。残り 1/6 とほぼ同じ内容は2000年2月に提出していましたが、3年間も無視されました。一方で「超対称性粒子」の研究をした学生は、まったく実験と合わない理論なのに在学中から年収20倍の研究員などに採用されました。在学中、超弦理論の研究者から実在素粒子の名を聞いたことは殆どありません。


3.柳田勉指導教授の主要業績「シーソー機構」を仮定しなくても、自由場のラグランジアンが有界となる無矛盾条件から、ニュートリノの質量が小さい理由を説明できます。グルーオンが単独観測されていない謎も同様。強い力が距離に高々比例することも、ゲージ場が位相の非可積分部として定義される必然性から示せたように思います。これらは全て、今まで私の読んだことのある教科書等では謎とされていたことです。誰かが過去に考えたことなのかもしれませんが、私は指導を受けておらず、そのような文献を知りませんし、教授達に聞いても返信はありませんでした。ヒッグス機構は文字通り、真空のエネルギー定数のずれとみなすため、粒子を仮定しなくて良いところは通常の標準理論と異なります。


4.高校生の頃から科学研究職志望です。研究室の(元)同学年でJMOに予選合格していたのは、私だけでした。ちなみにこの同学年合格者に女性は3、4名でしたが、私以外は殆ど医学部に進学してしまい、男性も、理数系に進学したのはわずかです。入学後も科学系サークルの輪講会などで自主的に勉強しました。しかし、坂東昌子元日本物理学会副会長の「理系の女の生き方ガイド 」にも宣伝されている、「Summer Institute」には、「明確な目的意識のある人だけ参加可」という名目で、参加不許可でした。研究職採用において、合格していた私だけ、逆に不利に扱われました。既に入学して必要単位を取得していたのに退学させられて翌日同じ物理学専攻に入学するなど、通常ありえない学歴で、書く欄が足りないこともありました。周囲には、もしかしたら、教授の子息等が多かったのかもしれません。縁故で決まるなら、進学するだけ無駄でした。


女性に学問なんて、男性は誰も期待してないし、女性の理論が男性より正しいなんてあってはいけず、生意気で目障りなだけなのだと思われます。
2009-10-18 Sun 20:19 | URL | nisimiyu [ 編集]
すみませんキーボード壊れてて一字ずつ切り貼りしてたら間違えました。
(誤)女性です。東大で7年に及ぶアハラ被害を隠蔽されて泣き寝入り、今も研究職には就けていません。
(正)女性です。東大で7年に及ぶアカハラ被害を隠蔽されて泣き寝入り、今も研究職には就けていません。
2009-10-18 Sun 20:27 | URL | nisimiyu [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

託児について悩みを解決するには、まずは託児についての正しい知識が必要です。そこで、託児についての情報を集めました! 託児について調べて、託児に関する悩みを解消しましょう! 以下のサイトが役立つでしょう。 託児 関連のアイテム 誰も教えてくれない「託児ビジ... …
2009-07-02 Thu 19:19 お悩み解消ネット
0歳~2歳を預けてまで、どーーーーーーしても働かなくては行けない人なんて、そ.... 0歳~2歳を預けてまで、どーーーーーーしても働かなくては行けない人なんて、そんなにいないと思いませんか?シングルマザーか、本当に経済的に困っているくらいで。子供より仕事を... …
| HOME |