FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

高エネルギー物理学将来計画検討小委員会

心のわだかまりとなっていた助成金申請書を2日前に発送し、かつ、これまた気になっていたソフトウェア修正の要求を、全部ではありませんが最低限クリアしたので、昨日はちょっとホッとしていました。ところが…。

日本の高エネルギー物理屋が自主的に作っている団体に「高エネルギー物理学研究者会議」というものがあります。この業界内での情報交換はもちろん、それぞれの実験についてではなく、日本の高エネルギー物理全体をどういう方向に持って行けばよいのか議論する場、として活用されています。また単に議論をするだけでなく、議論の結果が実際に各実験の計画に反映されて行くので、高エネルギー物理に携わっている人間には重要な組織です。

この組織では10年に1回程度、タイトルの通り「高エネルギー物理学将来計画検討小委員会」なるものを立ち上げ、1、2年かけて、この分野全体の中期計画に関する提言を行っています。って、こういうことを過去にしてたと知ったのは、私がこの小委員会のメンバーに選ばれたからなのですが。ははは。

色んな実験・理論(現象論の理論屋や加速器の人もこのメンバーに含まれています)に関する情報収集になるし、実験計画を中心となって進めている人達と話をする良い機会なので、このメンバーに選ばれたことは別に悪いことではないのですが、明日その委員会があって、そこでATLAS実験のアップグレード計画について説明する、という宿題があったことを思い出しました…。いや、正確には完全に忘れていたわけではなくて、一番最初に書いたように助成金の締め切りが迫っていたり、ソフトウェア修正のプレッシャーが高まっていたりしたので、やらなくちゃと心の片隅では思っていたのですが、先延ばしにしてきました。

それがふと気づくと委員会の日が明日に迫っていた、というわけです。今日は4年生と実験をやりますが、その時間を除いては明日の準備に追われそうです。


研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<宇宙線と若田さん | HOME | 高校生対象のレクチャーシリーズなど>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |