FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

南部さんの講演風景

とある理由により詳細をお伝えしませんでしたが、厳戒態勢が緩んできてるみたいなので、こそっとこんなサイトを紹介します。

先月行われた南部さんのノーブル賞受賞記念講演の様子です。理学研究科の学生と教職員向けということで物理の内容というよりも所謂昔話だったのですが、その登場人物が超有名人ばかりで、歴史上の偉人みたいな人達とのエピソードは大変興味深かったです。パウリは排他律で有名ですが、セミナーをやっているときに発表者がだらしないとキレてしまいセミナーを無理矢理途中で終わらせてしまうとか、アインシュタインの車に乗せてもらったとき、歴史で(?)言われてるとおり、量子力学の確率論的な解釈なんて信じられないと言ってたとか、本当に凄い人達ばかりが登場人物でお話として非常に面白かったです。

ちなみに、上記のような超有名人と多く交流があったのは、南部さんがシカゴに移る前に2、3年プリンストンの高等研究所にいたときらしいのですが、南部さんはプリンストン時代はそれほど楽しくなかった、と仰っていたのが印象的でした。ノーベル賞をもらうような天才達ばかりが(南部さんもその1人なのですが)物凄い競争をしていたので、その競争の激しさにうんざりしていたのだそうです。その後シカゴに移ると、シカゴも今でこそ有名大学の一つですが、当時のプリンストンに比べると格段に田舎で、のんびりと好きな研究に打ち込むことがができ、そこでの研究生活が非常に気に入ったのだそうです。

こんな興味深い講演だったのですが、冒頭にも書いたようにある理由で公開講演にすることができませんでした。残念ですね。理学部の人間だけでも物凄い参加者数で、実際に講演が行われている部屋以外にも2つの教室に映像と音声を配信したのですが、全ての部屋が超満員。私は講演開始30分前に会場に行ったのですが、それでもメインの講演会場に入るのがやっとでした。私よりも1、2分遅れではもうメインの会場には入れないという状況でした。


大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<停電 | HOME | 宗教と科学とエセ科学>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |