FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

全学休講

昨日のエントリーを書いた後、私たちの大学も休講になるのではないかとウェブやらメールをチェックしていたところ、予想通り全学休講になりました。講義だけでなく、教職員、学生が一箇所に集まるようなことは避けよ、というお触れで、私たちの研究室ではゼミとミーティングも今週は中止になりました。逆に言うと、上記以外は今のところ通常通りで、教職員は仕事しに来ています。一人で端末に向かうような仕事はOKということなんでしょうね。

がっ、ちょうど今届いたメールによると明日から学食が休み。うーん、こうなると大学に来ようか迷ってしまいますね。

会社でも休みになってるとこがあるようで、日本人は社会活動を停止するつもりなんでしょうか。もはやパニックに近い状態ですね。昨日も書きましたが、現状、殺人で死ぬよりも低い確率なんですから、インフルエンザそのものよりも、こうして社会活動を麻痺するパニックに陥いるのが一番怖いです。これで公共交通機関が止まったりしたらエラいことです。

今は弱毒性だけど、冬に強毒性になるのが心配なんていう記事まであって、マスコミはパニック現象を起こそうとしてるのでしょうか。で、ふと思ったのですが、強毒性が怖かったら、弱毒性の今のうちにインフルエンザにかかって抗体を自分で作っておくというのはダメなんでしょうかね?同じウィルスでも毒性が変わると抗体は役に立たなくなってしまうのでしょうか?


大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<フライブルグ大学とミーティング | HOME | 小中学校臨時休業>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |