FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

日帰り東京出張

今日は高エネルギー物理関連の委員会があって、東大付属の素粒子物理国際センターというところに日帰り出張をしました。東大付属と言っても実際には理学部内にあるので、場所としては本郷です。委員会初日の今日は1時間半(2時間弱だったか?)程度の軽いものでしたが、次回以降は午後まるまる潰れることになりそうです。

この委員会のメンバーは20人程度なのですが、東大までの所要時間が一番かかるのは私のようで(広島の人が距離的には一番遠いのですが、飛行機利用なので、時間としては私が一番かかったようです)、わずか2時間弱の会議のために片道3時間半強、往復で7時間以上も費やしてしまいました。もったいない時間の使い方でした。次回からは何か他の用事も付け加えたいものです。

で、ふと思ったのですが、よく考えると、東京への日帰り出張というのは私にとって初めてでした。新幹線に乗ると、日帰り出張中のビジネスマン風の人をよく見かけますが、みなさん大変ですね。というか、あんなに大勢の人がもったいない時間の使い方をしてるのかと思うと、いくら新幹線が速くてダイヤ通りで便利でも、human resourceの無駄遣い甚だしいのではないかと感じました。

ちなみに出張自体は楽なもんですね。国内で片道3時間半の出張なんて、時間とお金を気にしないなら毎日でも楽勝です。というか新幹線に座っていればいいだけなので、普段の生活よりも楽なくらいです。


研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<雑感 | HOME | 5月8日のエントリ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |