FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

テレビ会議

テレビ会議でCERNに長期滞在中の学生とミーティングを終えたところです。雑事に追われて今日ミーティングする約束だったことをすっかり忘れてましたが、奇跡的に約束の時間にミーティングすることを思い出しました。

本来はミーティングの日ではないのですが、彼一人でCERN滞在中であること、前回のミーティングに彼が参加できなかったこと、などがあってマンツーマンの臨時ミーティングを行いました。それに、スイスでは豚インフルエンザの感染者を一人出してますから、彼が元気にやってるかどうか確認したかったので…。

豚インフルエンザうんぬんは冗談ですが、海外に学生が長期滞在してると、研究面よりもまず生活面で問題がないか心配してしまいます(親御さんだったらもっと心配なんでしょうね)。逆に生活面がちゃんとしていれば、今日ミーティングをした学生も、もう一人のD1の学生も研究面に関してはそれほど心配していません。二人とも進むべき方向を自分でしっかり考えますし、方向に迷った時はちゃんと質問してきてくれますから。逆に、知識がいくらあっても、進む方向を自分で考えない、方向が定まらないのに質問してこない、方向不定のまま研究をしてしまう、こういう学生だと教員は不安いっぱいになります。


研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<α、β、γ線 | HOME | 一般公開に参加してみて>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |