FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

4年生ゼミ

昨日から研究室の4年生のゼミを始めました。前にも書きましたが私の担当は検出器関連。教科書としてはこの業界標準ともいえるLeoを使うことにしました。超有名な教科書ですが、不勉強家を自負する私はこの教科書を通して読んだことがありません。パラパラッとめくった感じでは色々面白そうなことが書いてあって、これからのゼミが楽しみです。

ゼミを担当でもしない限り、教科書を通して読むなんていう機会はほとんどありません。なので、ゼミは学生さんへの教育目的なわけですが、担当する教員、少なくとも不勉強な私自身にとっては、自分自身が勉強するとても良いチャンスです。ゼミだけでなく、普通の授業でも同じこと言えます。

ただ大学院生と違って4年生相手というのは緊張する面があります。というのは、大学院生はある程度の方向付けがされていますが、4年生というのはまっさらなんですね。指導教員の影響を強く受けそうなので、正しい方向へ向けないとならないというプレッシャーを若干強く感じます。
…とかなんとか言いつつ、結局のところ、やりたいことをやりたいように私の場合やると思います。きちんとした方向づけはY教授がやってくれるでしょう。ははは。


大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<解析に追われる | HOME | 写真集その3(ATLASその他)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |