FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

マスコミが作るスケープゴート

最近読んだ雑誌(?)で興味深かった記事が、マスコミによるスケープゴーティング。常日頃からマスコミほど酷いイジメをする人たちっていないよなぁ、と思っていました。私だけでなくそう思ってる人は沢山いて(というかほとんどの人がそう思ってる?)、そういう話題になることも珍しくありません。そしたら、そういうマスコミの行動パターンを研究してる人もいるんですね。例として記事に挙げられてたのが、JR福知山線の事故に関する記事数です。新聞記事の数を毎日数えるのですが、その攻撃対象を分類分けしてるんです。事故発生から日が経っていないと攻撃対象は個人です。最初は当然運転手やら車掌。それが慰安旅行に参加してた社員から、代議士などに段々変化していくんですね。さらに日が経つと、JRに寿司代金を要求したマンション住民とか、なんだかよくわからない人が攻撃され、そして攻撃対象は次第に個人から集団に移ります。過密ダイヤを作ったJR当局。さらにはそういう機密ダイヤを作らせるにいたった社会の風潮…となっていくわけです。

これだけでも興味深いのですが、さらにその新聞記事の数を縦軸に、横軸に事故発生日からの経過日にしてグラフを作ります。そして攻撃対象を、個人、集団、システム、国家、文化社会などに分類分けします。すると、個人やら集団に対する攻撃記事というのは、もちろん徐々に減っていくのですが、単に減るだけではなくて、一定周期で増えたり減ったりしてるんですね。さらにその周期が個人と集団では違う。ところが、システムとか国家に対する攻撃記事数にはそういう周期がなく、最初徐々に増えて、しばらくすると段々減る、という割と単調な変化をしています。

そういうデータの整理からどういう結論を導くのか、というところにまではその記事は踏み込んでいませんでしたが、私には、そういう切り口で物事を調べるという発想が新鮮でした。しかも、明らかになんらかの傾向があるわけですね。その傾向をさらに分析、想像と発想を加えて解析するのが行動心理学とかそういう学問なんでしょうけど、そのデータを見せられただけで、我々素人でも色々なことを考えることができて非常に興味深かったです。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<編集作業 | HOME | 大学院入試説明会>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |