FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

オンライン会議辛い...

CERNでcollaboration meetingをやるときは,オンラインであってもCERN時間でやります。日本で行われている実験では,日本でやってる実験なのに外国人の都合に合わせるらしく,私は先週,日本でやってる2つの実験計画の委員会に外部委員として出席したのですが,開始時刻はそれぞれ21時と22時。しかも驚きなのは,2つの実験計画のうちの1つでは今回4日間委員会があるのですが,その4回がそれぞれ土日金土。週末を2週連続で潰しにきました。

昼間は通常の勤務をして,夜家に帰ってからATLAS関連のミーティングというのは,ある意味ATLASグループの人間にとっては通常通りです。ただ,これを毎日は繰り返せませんから,自分で参加するミーティングをコントロールします。しかし,今回のように外部委員会だとピンポイントで日時を指定されるので自分でコントロールのしようがありません。自分がやってるATLASだったら元々海外でやってる実験ですから,夜中のミーティングは仕方ないのですが,日本で実験をやってるのに,昼間は通常通りの研究活動をこなし,夜になってから海外とオンラインミーテイングというのは,相当に無理があるように思います。もしそれが続いたら,朝出勤,夜は1時2時までオンラインミーティング。これが毎日続くことになります。

いやー,オンライン会議は,コロナ感染を防ぎ,過労死を促進するためのツールなんでしょうか。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<久々出張 | HOME | 明日からオンライン物理学会>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |