FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

またも将棋ネタ

連続で将棋ネタです。

1週間ほど(もっと?)前になりますが,将棋界で多分一番話題の藤井七段がタイトル戦に初登場しました。藤井七段が対局してるところを観戦したことなかったのですが,先週初めて見ました。あ,もちろんウェブの中継です。相手は渡辺棋聖。強敵です。

結果は藤井七段が勝ったのですが,私が驚いたのは勝ったことではなく(これまでの成績やレーティングからして勝つこと自体は全然不思議ではない),中終盤の指し手がコンピューターの推奨値をほぼトレースしていたことです。今やコンピューターの方が人間よりも圧倒的に強いことは皆さんご存知かと思います。で,最近のウェブ中継では,コンピューターの評価値と候補手が表示されることがあります。今回私が見ていた中継では,評価値と候補手がほぼ表示され続けていて,候補手を4つくらい上げてそれぞれの評価値を表示します。

本当に最終盤,詰むか詰まないかというところまで来ると候補手が限られてくるので人間の指し手もコンピューターの示す最善手に近くなります。でも,終盤の入り口,まだ詰むか詰まないかは人間ではわからないような局面では,プロの指し手が必ずしもコンピューター推奨手と一致するわけではありません。実戦では,その辺で最後にミスをしたほうが負けになるのが人間の将棋です。あ,もちろん,それ以前に大差になっていなければ,です。また,形勢を大きく損なうほどのミスではなくても,コンピューターの候補手の中の上位幾つかを選び続けることはいかにプロといえどもかなりレアなのですが,先週の藤井七段の終盤ではコンピューターが挙げた候補手を外すことがほぼありませんでした。

自分の好きな棋士に肩入れしつつ見てると,あー,評価値が大きく下がった,とがっかりする手がそれなりに出てくるのですが(相手もまた同様なのでいい勝負になる),そういう手が皆無に近いのには本当に驚きました。人間か?と思う正確な指し手の連続でした。それでも人間が見ると最後まで接戦でしたから,相手の渡辺棋聖が強いのも間違いないのですし,たまたま藤井七段の出来がよかったのかもしれませんが,とにかく,これほど正確無比な終盤を見たことはありませんでした。

中学生でプロになった5人目ですから,将来が約束されているのは間違いとは思っていましたが,指し手を見てさらにその思いが強くなりました。今度は将棋会館ではなく,通常のタイトル戦のような保養地で雰囲気のいいところで対局してもらいたいです。って,調べれば次どこかわかるのか。

趣味 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アクシオン?トリチウム? | HOME | NHKありがとう>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |