FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

このサイト凄い

このサイト凄いです。新型コロナ感染者数や死者数を単位人口あたりで見せてくれます。しかも,自分が見たい国や都道府県を選べます。あ,注意書にあるので繰り返しておきますが,正確な数字が必要なときは元データをご参照ください,とのことです。札幌医科大学医学部 附属フロンティア医学研究所 ゲノム医科学部門に感謝します。寄附金を募っているようなので,払いたくなってしまいました。けど,寄附金を払っているのに,税金控除の手続きをしてないと言われ続けているので,ちょっと整理をしてからかな。

今朝の新聞コラムに,海外メディアが,PCR検査率が低いことや外出制限の強制力があまりないことを指して,日本のコロナウィルス対策は見当違いに見えるけどうまくいっていると言ってることを紹介,その後,感染者数や死者数が少ないのは日本人の生活習慣や,他人の目を気にして外出を控えた結果だろう,日本人の文化のおかげだ,というような記事があり,条件反射的に単位人口あたりの死者数を調べようとして,上記のサイトに当たりました。

単位人口あたり死亡者数
これは,上記のサイトを利用して,日本,中国,インド,韓国,シンガポール,イラン,イラク,イギリス,イタリア,スイス,ドイツ,フランスの結果を表示させました。世間で言われているように,東から南アジアの死亡者数はヨーロッパに比べて劇的,2桁近く少ないです。遺伝的なものか,気候なのか,ウイルスが進化変性していく過程の広がり具合なのか,なんなのかわかりませんが,アジアの国々はコロナ被害が小さいというのは常識かと思っていました。ってか,日本は少ないと思っていましたが,アジアの中では有意に少ないというわけではないですね。中国や韓国に比べて多いのは知っていましたが,インドやシンガポールよりも多いです。それなのに,欧米よりも死亡者数が少ない理由を日本人の生活様式や,さらには文化に持っていきますかね。。まあ,文化は人々の行動様式の元になる部分なのであらゆる活動の原因となっているのは間違いありませんが,そういうロジックだとあらゆることが文化のせい,の一言で終わってしまいます。

記事の中で言及されていたので付け加えると,PCR検査も現状のefficiencyとfake rateでは,大規模検査は医療崩壊を招く弊害,実際には感染してる人が感染してないという結果が出たことで隔離できない弊害,それらを考慮してスクリーニングした後で検査を受けるほうが効果的だということをいい加減理解していただきたい。取材を受けたお医者さんとかが教えてあげていないのか。だーれも教えていないということはないと思うのですが,こう書きたい(=政府や役所の体制を批判するという前提)という結論ありきで話を聞いているので,何を説明しても無駄なんですかね。

ちなみに,上のグラフでは私が強いバイアスをかけて国を選んで,アジアと西欧の比較をしました。でも,上記のサイトで国を選んで比較してみると,色々と興味深いことがわかります。アメリカ大陸は見ていないのですが,地理的に西欧から離れれば離れるほど死亡者数が減っています。オーストラリアやニュージーランドも少ないし,アジアでも西欧に近づくほどなんとなくですが徐々に死亡者数が増えています。結局,人の流れとその国の医療レベルなのかとぼんやり思ってしまいます。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<単位には気をつけましょう | HOME | 黒川杯テンピン麻雀大会>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |